「Windows 10 Anniversary Update」から「タスクバーとスタートメニューのプロパティ」が「設定」に移動

「Windows 10 Anniversary Update」からいろいろ変わっています。

マニュアル作成者泣かせです。

なんと「タスクバーとスタートメニューのプロパティ」ウィンドウが無くなり、「設定」ウィンドウになりました。

見納めとなる「タスクバーとスタートメニューのプロパティ」

20160724r30

参照方法

タスクバーを「右クリック」して設定です。

20160724r31

設定ウィンドウに移動します。順番に説明しましょう。

20160724r32

以下の3つのグループに属しています。

  • タスクバー
  • 通知領域
  • 複数のディスプレイ

タスクバー

ここでの注目は、タスクバーボタンにバッジを表示です。

詳しくは、『うざい新機能!?「タスバーボタンにバッジを表示」』を参照ください。

20160724r33

通知領域

ショートカットだけです。別の場所にあります。詳しくは、『クイックアクションが使いやすくなった【Windows 10 Anniversary Update】』を参照ください。

20160724r34

複数のディスプレイ

複数のディスプレイを接続していて、ヘビーユーザーだけに関係のある機能です。別途、記載しましょう。

20160724r35

まとめ:進化したか微妙

いままで楽々ひとつの面に収まっていた「タスクバーとスタートメニューのプロパティ」。

それが、スマホでも使いやすい「設定」に収まったことで、3画面分になってしまいました。

スマホと操作が同一になったのは、歓迎すべきことですが、スクロールをさせないと全体が把握できないのは、大きなマイナスです。

スマホでもパソコンでも両方が快適にするのは容易ではありません。

   このエントリーをはてなブックマークに追加