「Hyper-Vをインストールできません」と表示された場合の対処方法

Windows 10で様々なOSを楽しむ【Hyper-V】』が、上位に来ていることを記念して本記事を記載します。

Hyper-Vを有効にしようとすると、「Hyper-Vをインストールできません:ファームウェアで、仮想化サポートが無効になっています。」と表示されることがあります。

20170107r27

Gigabyte系のマザーボードは、「Intel Virtualization Technology」がデフォルトで有効になっていると思います。しかし、Asus系のマザーボードは、初期値で無効になっているようです。

早速、有効に変更しましょう。

操作方法

パソコンの電源を入れます。「UEFI BIOS」を起動するためにDELキーを押します。

押すタイミングがシビアなため、通常は電源入れてDELキーを押しっぱなしです。

20170107r28

UEFI BIOSが起動しました。右下の「Advanced Mode(F7)」を押します。

20170107r29

「Advanced」の「CPU Configuration」を押しましょう。

20170107r30

一番したにスクロールして、「Intel Virtualization Technology」を「Enabled」にします。

20170107r31

「Exit」を押したあとに、「Save Changes & Reset」を押します。

20170107r32

メッセージを確認して「Ok」ボタンを押します。

20170107r33

以上で、「Hyper-V」をインストールできるようになりました。

お疲れ様でした。

20170107r35

まとめ:必要に応じてBIOSの設定を変更しよう

私の環境では、Asus製品だけですが、別のメーカーでもそうかもしれません。必要に応じて変更してください。

尚、設定するにはCPUの対応が必須です。下位のCPUだと出来ない場合もありますのでご自身で調べてください。

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:1 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加