【追記】HEAD WORLDCUP REBELS I.SL 2016モデルを購入

1日使用した感想を、まとめの上に追記しました。


10年ぶりにスキー板を購入しました。技術系の板を買うのは、15年ぐらい振りのような気がします。小回り用板は、初めて購入します。

テクニカルを目指すなら小回り用板が最適

検定を受ける場所にも影響するそうですが、今は小回り用板で滑るのが一般的なようです。

指導系以外で、受験するなら小回り用板で決まりですね!Rが11.5とは驚異的です。

先輩インストラクターのアドバイスから購入

子育てに追われて10年ほどのブランクがありました。また、1級合格後は指導者系にばかり力を入れていたため技術系は苦手です。

しかし、20代の若きインストラクター達と滑ると考えが変わりました。

スキーを教えるだけでなく、見ている人に感動をあたえるには、技術系の滑りを極める必要があると。

検討した結果、HEAD WORLDCUP REBELS I.SL 2016モデルを購入することになりました。

インターネットは凄い!翌日到着

今回も楽天ポイントで購入しました。7時に注文して、17時50分に発送終了。

翌日の午前中に到着しました。すごいです。

包装も完璧

裏は、こんな感じです。

選定理由

テクニカルになると、2本の板で滑る人もいますが、持ち運びが現実的ではないとのことです。

すると、大回りか小回りかになりますが、検定で大きく回ることは多くありません。

小回りR11.5あれば十分な大きな弧を描けるとのことです。

HEADは、想定体重が80kg程度。小賀坂は、65kg程度ではないかとのことでした。よって私の体重85kgだと、HEADが向いています。
※体重が軽い方も、バリバリに使っていますのでご参考程度

また、スキーの長さは165cmが一般的です。体重・身長に関係なく講師陣は165cmを履いている方が多いです。

I.SLになった理由

テクニカルレベルで汎用性が高いとのことです。

WORLDCUP REBELS i.SLRは、柔らかく安いですが、ハードな場面で不安がある人もいるとのことです。

i.RACEも、安くていい板とのことですが、I.SLよりも硬いとのことです。辞めときました。

I.SL RDは、完全なレース用なため、間違って買わないようにしてください。

I.SLは、エキスパートに人気のモデルであり品薄です。

使用した感想:ハードな場面も可能なオールランドな板

最初はズレない。前後のバランスが難しいと感じましたが、しばらく慣れると気にならなくなりました。

慣れないと大回りがやりにくいと思いましたが、全く問題なし。滑り方を変えるだけで気持ちよく大回りもできます。

※先輩インストラクターからの説明で大回りの乗り方を理解しました

小回りと中回りが気持ち良いです。コブも問題ありません。

多くのインストラクターが利用していることが理解できました。

まとめ:エキスパートを目指すなら

1級以上の実力で技術系を目指すなら、この板は最適です。気にいった方は、購入ください。

   このエントリーをはてなブックマークに追加