【まとめ】Windows10 Creators Updateのメリット・デメリット・超便利テクニック

4月6日に「Windows10 Creators Update」が提供されて一週間になります。

細かなことが親切になっています。以下の二つと一緒に活用ください。

【提供開始】強制的に「Windows 10 Creators Update」を適用する方法

Windows10 Creators Updateの適用に失敗した時の対処方法

修正プログラムが適用されると、親切に再起動するか確認

いままで修正プログラムを適用するタイミングが不親切でした。

そのため、シャットダウンして帰ろうと思うと、修正プログラムが強制的に適用されて帰れない人もいました。

このように聞いてくださると、同様のトラブルが少なくなると思います。

デバイスドライバーが動いていないと修正してくれる

今までになかった配慮です。「トラブルシューティング」をクリックすると修正してくれます。

再起動すると治りました。

Windows10 Creators Updateの一番のメリット!日本語のON/OFFが一目でわかる

Windows10 Creators Updateの一番のメリットは、日本語のON/OFFが一目でわかることでしょう。

「半角/全角」キーを押すと、デスクトップの中央に「あ」または「A」と表示されます。

説明を聞いたとき、ウザイと思ったのですが、実際に使うと快適です。

Windows10 Creators Updateの一番のメリット!日本語のON/OFFが一目でわかる

ゲームモード搭載によってゲーム性能が向上し、ゲーム中継の録画・配信ができる

Windows10 Creators Updateを適用するとゲーム性能を向上させる「ゲームモード」が利用できるようになります。

ゲームモードでは、ゲームの録画・配信も設定できます。

【Windows10 Creators Update】ゲームモードを利用する

ブルーライト対策の「夜間モード設定」

Windows10 Creators Updateの新機能のとしてブルーライト対策がほどこされるようになりました。

名称は、夜間モードです。

Windows10 Creators Updateの新機能!ブルーライト対策の「夜間モード設定」

画面の指定領域をキャプチャ [Windows]+[Shift]+[S]

画面の領域を指定してスクリーンショットをする機能。多くのキャプチャソフトやMicrosoft アプリでも一般的な機能ですが、いよいよWindows 標準の機能となりました。

ショートカットは、[Windows]+[Shift]+[S]です。

わざわざソフトをインストールしたり起動する必要がなくなりました。

Windows10 Creators Updateの新機能!画面の指定領域をキャプチャ [Windows]+[Shift]+[S]

高DPI設定でのデスクトップアプリの表示を改善

もうすぐ提供される「Windows10 Creators Update」から、高DPI未対応の古いアプリケーションでも綺麗に表示されるようになりました。

高DPI設定でのデスクトップアプリの表示を改善

Hyper-Vで即座に仮想マシンを作成可能に

Windows10 Creators Updateの新機能として即座にHyper-Vで仮想マシンを作成可能になりました。

これで「VMware Player」に追いついたことになります。

Hyper-Vで即座に仮想マシンを作成可能に

デメリット:コントロールパネルがメニューから消えた

Windows10 Creators Updateから、「コントロールパネル」から新ユーザーインターフェースである「設定」へと置き変わっています。

新ユーザーインターフェースは、タブレットやスマートフォンでも操作がしやすい反面、Windows XP時代から慣れ親しんだ方にとっては、使いにくい方もいるでしょう。

【Windows10 Creators Update】コントロールパネルを表示する方法

超便利テクニック:ブルーレイディスクなどを再生する

Winddows 10では、ブルーレイとDVDの再生ができません。

そんな時は、フリーソフトの「Leawo Blu-ray Player」を活用ください。

Windows 10 無料のブルーレイ再生ソフト「Leawo Blu-ray Player」

まとめ:あたらしいWindowsを使いこなそう

大きなメリットはないですが、細かな点が良くなっています。

ぜひご利用ください。

   このエントリーをはてなブックマークに追加