【完成!】これはいいぞ!もっと小さなITXマシンを作成しました

ITXマシンを自作して大満足していました。前回の様子は、『ITXマシンを完成させました』を参照ください。

 

さらに極めるため、もう一台作りました。

グラフィックカードをさせなくなりますが前回の1/3の大きさに出来ます。

美しい!

 

予算

第7世代の最新CPUに無線Wi-Fiまでついて、この価格なら満足ではないでしょうか。CPUをi7-7700にすると最強クラスにまでバージョンアップできます。

CPUに付属する純正のクーラーで大丈夫でした。修正します。

品名 価格 流用
ケース In Win Chopin 10,986 10,986
CPUファン RAIJINTEK ZELOS 2,700
CPU Pentium  G4560 7,298 7,298
マザー MSI B250I GAMING PRO 13,730 13,730
SSD Apacer 60GB 2,980 2,980
メモリ Crucial DDR4 4GB×2 4,598 4,598
OS Microsoft Windows 10 Home 13,990 -
キーボード LOGICOOL mk270 2,800 -
ディスプレイ 22MP48HQ-P 12,637 -
合計 69,019 39592

ケース:In Win Chopin

今回の要(かなめ)となるのがケースです。

コンパクトなため、グラフィックカードが入らないです。

シルバーとブラックがあり、どちらもカッコ良いです。

150W 80 PLUSブロンズアダプター付きです。

CPUファン:RAIJINTEK ZELOS

今回もう一つ重要なのがCPUファンです。純正で入りました。

RAIJINTEK ZELOSを購入しましたが、使いませんでした。

 CPU:Pentium G4560

CPUは、コスパで選びました。CPUのコストパフォーマンスが最強のG4560です。

グラフィックがHD 610と上位のHD630と比べると性能は、半分程度と劣ります。

今回の構成だとグラフィックカードが追加できないため、3,000円を奮発するのもありです。

Pentium G4560:HD 610:7,619 円

Pentium G4600:HD630:10,778円

3000円ほどお値段が高くなりますが、グラフィック性能が2倍にになります。

マザー MSI B250I GAMING PRO

マザーボードは、MSI B250Iの一択です。上位のH270やZ270がありますが、今回の用途ならB250Iで十分です。現在のところ、B250IでITXは、この機種しかありません。

SSD:Apacer 60GB

安価なM.2のSSDなら、この機種で決まりでしょう。

2,980円で始める!念願のM.2デビューApacer アペイサー 60GB

メモリ:Crucial DDR4

メモリは、高騰して私が購入したときよりも2倍ほどしています。なぜかCrucial DDR4の2GBだけは、高騰前の価格です。

第7世代から2400MHzをサポートしています。価格も変わらないため、高性能な2400MHzのものを購入ください。

OS:Microsoft Windows 10 Home

OSは、すごく値段が高いです。パッケージ版ならハードウェアが変わっても継続して使えます。一生使えることを考慮すると安いでしょう。

キーボード:LOGICOOL mk270

ディスプレイ:LG 22MP48HQ-P

ディスプレイは、LGが一番です。安い時には、1万円未満で買えます。

まとめ:いろいろ作ってみよう

パソコンの上達の第一歩は、基本を知ることです。安価に作れますので興味のある方は、チャレンジしてください。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加