【Windows 10】高精細ディスプレイからキャプチャーする時の注意点

スマホでは、一般的となった高精細な液晶画面。

Windows 10ディスプレイでも有効です。

私の実例では、27インチで4Kを使っていたり、13.3インチのトートパソコンで2Kを使ったりしています。

従来の表示方法だと字が小さくなりすぎるため、通常は、1文字の大きさを1.5倍~2倍にして表示します。

20160906r84

高精細だと画像が1.5倍のサイズになる

良く考えると、当たり前なんですが、気が付くのに時間がかかりました。従来よりも画面のサイズが1.5倍になるんです。

※150%表示にした場合。200%表示なら2倍になります

よって横幅が800pxで取り込みできたものが、1200pxになってしまいます。

左が通常のディスプレイからキャプチャーしたもの。右が高精細ディスプレイからキャプチャーしたもの。

20160906r85

回避方法:66%に縮小すると、ほぼ同じになる

800pxの画像が1200pxになってしまいます。通常のサイズに戻したい場合はどうすればいいでしょうか。

66%に縮小するとほぼ同じになります。

20160906r88

Photoshopの方は、[Ctrl]+[Alt]+[I]を押して、66.66%にします。これで通常のディスプレイとほぼ同じです。

20160906r89

まとめ:高精細の宿命

高精細化によって、文字が読みやすく、写真がくっきりするようになりました。

今回のようなデメリットもありますが、メリットの方がはるかに多いです。

高精細ディスプレイが、まだの方はぜひチャレンジしてください。

普通のディスプレイに戻れなくなります。

関連URL

【レビュー】4Kが普及価格帯に!LG 27MU67-B IPSディスプレイ

4Kユーザーにオススメ!RAW現像用にGTX1060 6GBを使う

   このエントリーをはてなブックマークに追加