【Windows 10 Fall Creators Update】リモートディスクトップが「設定」にも登場

Windows 10から多くの項目が、コントロールパネルだけでなく「設定」でも出来るようになりました。

Windows 10 Fall Creators Updateからリモートディスクトップのオン・オフも「設定」で出来ます。

リモートディスクトップのホストになれるのは、Windows 10 Pro以上のエディションだけです。

Windows 10 Homeだと出来ません。

Windows 10 Homeの方は、『Windows 10 Proのライセンス キーを使って既存のWindows 10 Homeからアップグレードする』を実施してください。

操作方法

スタートボタン(Windowsロゴマーク)を右クリック(またはロングタップ)して「設定」をクリックします。

「システム」をクリックします。

「リモートデスクトップ」を選択し、「リモートデスクトップを有効にする」を「オン」にします。

「確認」をクリックします。

以上で、リモートデスクトップを有効にすることができました。

まとめ:新しい方法を覚えよう!

コントロールパネルの起動がしにくくなったため、新しい「設定」ウィンドウの項目を覚えることは重要です。

ぜひ押さえておきましょう。

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加