【少しだけ追記】いよいよロガーテープを購入!落とし穴満載

憧れのロガーテープを購入しました。

林業をすると、たまにロガーと言う単語を聞きます。

ロガーとは「きこり」のことのようです。「きこり」が使う「メジャー」がロガーテープではないでしょうか。

実際に使うと質感が良くて大満足

あらゆるサイトを熟読して購入したのですが、林業関係そのものの情報が少ないです。

落とし穴が満載でした。

 

今回購入したのは、OREGON(オレゴン) ロガーテープ (15m) です。

 

まずは、重い!527g

ロガーテープは、頑丈です。これは想定内のものです。

 

なんと、60cmまで記載がない。

丸太にするときは、45cm or 40cm or 35cmの順番で多いです。その次に1m70cm(軽トラに乗せるため)です。

60cmまで記載がないとはマジですか?

とりあえず、45cm / 40cm / 35cm / 30cmのところで自分で書きました。

 

記載がわかりにくい

06を見たときに、表示が逆で90cmのことだと思っていました。しかし、よくみると60cmの意味です。

慣れると大丈夫ですが、凄くない?

 

開始メモリがわかりにくい

どこが0cmかがわからない。メジャーとして致命的だと思う。調べた結果、以下のようです。

 

50cmのところで取替えることができる構造上、細かく出来ないことは予想できますが、このアバウト感は、凄いと思います。

 

デカイ

15mと2mの比較です。15mまで計測できるため、許容範囲です。

良かったところ:デザインが良い

デザインがカッコよい。昔の林業は、ダサダサが多かったのですがオシャレなものが増えています。

お値段が高い

林業系は、値段が高いです。

固定するところが、良く出来ている

以下のようにロックして90度に回転できます。自分に刺さらなくできるのが良いです。

とても丈夫

交換部品も豊富に販売されています。

テープ部品の販売もあります。

メジャーテープ・ロガーテープ(巻尺) | Engine - 円陣 -

止め金具がGood!

使いやすいくて交換もできる。

まとめ:2m未満なら自作がベスト

60cm以上を計るのなら本製品で満足です。しかし、50cm未満の丸太を作るにはイマイチです。私のように2m未満を計測するなら自作しましょう。

 

今回の場合は、先があれば、自作ができます。低価格で販売されているため、以下を購入して安価なメジャーに取り付けると良いでしょう。

オレゴン ロガーテープ リリースフック

関連URL

わずか443円!質感の良いロガーテープ(林業用巻尺)を自作する

   このエントリーをはてなブックマークに追加