これは凄いぞ!Adobe CCが44%OFFでついてくる教材【デジハリ編】

Adobe CC 2015を44%OFFで利用する方法』にて執筆した通り、Adobe CCを33,372円で購入しました。

アカデミック版+通信教育付の方が、Adobe CC通常版を購入するより安いです。

本教材の「凄い点」と「欠点」について記載します。

購入までの流れ

2016年8月29日 申し込み

2016年9月3日Adobe CCのライセンス到着

2016年9月28日教育スタート

学べるソフト

Adobeソフトの基礎講座(動画授業 全63時間)が見放題です。

  • Illustrator
  • Photoshop
  • Flash
  • After Effects
  • Premiere
  • Dreamweaver

いよいよ通信教育がスタート

今回は、ライセンスが欲しかったのでおまけとして始めた通信教育。

おまけとは言えないほど良く出来ています。PIP( Person In Presentation)という手法で作られています。

20160915r120

いろんなことが学べる

「チュートリアル」とのことで、いわゆるお試し版ですが、そのわりには結構なボリュームがあります。

ひとつの動画が5分~15分程度です。

20160915r121

全て習得には結構な気力が(^^;)

実際の授業であれば6時間ほど集中して聞くことができます。しかし動画だと一方通行です。

気力でなるべくマスターしましょう。

20160915r122

教材の落とし穴:視聴期間がたったの 1ヶ月間

なんといっても受講時間が63時間もあります。動画を閲覧できる時間は、たったの1カ月間です。

例えにすると1カ月間に32本の映画を見るぐらい辛いです。

しかも、映画と違って実際に操作をしないとダメなので、その倍ぐらい時間がかかります。

これは、不可能だと思っていたら、受講終了1週間前に以下のメールが届きました。

 【サービス内容】

・動画 閲覧期間 1ヶ月延長
・動画 閲覧期間 3ヵ月延長
【サービス概要】

・延長期間   : 1ヶ月間 / 3ヵ月
・延長料金

〇1ヶ月 : 21,600円(税込)
〇3ヵ月 : 60,480円(税込)

■受講延長サービス
┗ http://online.dhw.co.jp/course/alumni/adobe_master.php#ancor01

※受講延長サービスは、終了日から2ヶ月以内がお申込期間となります。
また、サービス内容によって受付期間が異なりますのでご注意ください。

※受講延長サービスは、一回限りのサービスとなります。

まとめ:デジハリの通信教育もいいかも

Adobe CCのライセンスについていたおまけの通信教育。おまけの割にとても良いです。私はテキスト派なんですが、たまには動画もよろしいかと思います。

みなさんも気が向いたらお試しください。

とても良い教材ですが、受講できる期間が短いです。覚悟してとりかかりましょう。

でも1カ月延長も魅力的な教材です。

関連URL

Adobe CC 2015を44%OFFで利用する方法

 

   このエントリーをはてなブックマークに追加