なにげない写真をアートにしよう!Prisma

とてもクオリティが高く人気のあるアートフォトエディターと言えば、Prismaです。

何気ない写真がアート写真に生まれ変わります。

20160803r117

本製品の特徴・欠点

写真版Twitterとも言える「Instagram」と同様に、スマホに特化することで普及しました。そのため以下のような特徴と欠点があります。

  • 正方形のみ
  • アプリはiPhone / Androidのみ
    裏技でiPadやWindowsも可能(後述)
  • 写真の大きさは、1080 × 1080

実施方法

無料で簡単に試すことができます。今回は、3ステップで説明します。

  • インストール
  • 撮影
  • アートの反映
  • アップロード

インストール

「Google Play」や「App Store」で「Prisma」と検索し、インストールします。

Google Play画面

20160803r118

App Store画面

20160803r123

撮影

 

アプリを起動して写真を撮るだけ。もちろん既に撮影した写真も可能です。

20160803r119

アートの反映

エフェクトは、大量に存在します。左右にスクロースしてお好きなものを選びましょう。

20160803r120

アップロード

私のようにDropboxを利用している場合は、保存するだけで、写真と同様に共有されます。お好きな方法でアップロードしましょう。

20160803r122

iPadで利用する方法

iPadでもiPhoneと同様にできます。通常だと、Prismアプリは検索しても表示されません。

インストールするときは、以下のようにiPad⇒iPhoneに切り替えましょう。

20160803r125

Windowsで利用する方法

わずか3クリックでAndroid端末になります。詳しくは『わずか3クリック!Windows 10をAndroid端末にする』を参照ください。

そのあと、「Prism」をインストールします。

写真ギャラリー

面白いと思ったものを添付します。ご自身でもお試しください。

20160829a 20160829b 20160829c 20160829d 20160829e 20160829f 20160829g 20160829h 20160829i 20160829j 20160829k 20160829l 20160829m 20160829n 20160829o 20160829p 20160829q 20160829r 20160829s 20160829t 20160829u

 

まとめ:面白い。商用にも使えるといいなぁ

解像度が1080×1080のため、印刷用用途には活用できません。

オフラインで印刷にも使えると最高ですね。

 

   このエントリーをはてなブックマークに追加