テレビ・ブルーレイも4K時代!パナソニック ブルーレイレコーダーを購入する

私事ですが、やっと我が部屋でBSを見ることができるようになりました。

次へのステップは、BSを録画できるようにすることです。

20161201r48

検討事項

  • HDD容量
  • 外付HDD:2番組同時録画(USB3.0対応)
  • Wi-Fi

HDDは外付けで対応

現在のパナソニック製品は、外付けのHDDに対応しています。現在は、外付けのHDD3TBが7,890円と非常にお安いです。500GB以上あれば、十分と判断しました。

外付HDD:2番組同時録画

USB3に対応していると、2番組同時録画ができます。2番組を同時に録画したいことは、滅多にないと思いますし、内蔵HDDなら2番組同時録画も可能です。悩むところです。

Wi-Fi対応

Wi-Fi対応でなくても、コンバーターで簡単に対応できます。

比較結果

必要なものの中で、一番高いものを買えば満足度が高いと思っています。今回のベストバイは、BRW1020ということになります。

容量 USB3 Wi-Fi 価格
BRW510 500GB × × 35,980
BRW520 500GB × 43,677
BRW1020 1TB 52,309

今どきのブルーレイレコーダーは、4K対応

Ultra HD ブルーレイ対応のレコーダーを買うと66,909円となります。Ultra HD ブルーレイとは4K再生に対応したディスクのことです。普及するときにはネット配信が一般的になっていると判断して、必要外と判断しました。

4K放送や録画には対応していますので、十分です。

2016年秋モデルからミュージックサーバー & ハイレゾ対応

2016年秋モデルからミュージックサーバーとハイレゾに対応しました。テレビをオーディオ代わりに使うかは謎ですが、新しい試みです。

尚、1TB以上のモデルのみのようです。

4K対応のブルーレイがあると、4K対応のTVが欲しい

国外なら43型で73,340円です。Wi-Fi対応。外付けHDD対応で凄いです。

まとめ:テレビ・ブルーレイも4K時代

BS番組を録画するためだけに購入しようとしているパナソニック ブルーレイレコーダー。いろいろ調べると楽しいことが沢山ありそうです。

私のパソコンのディスプレイは、4Kに対応しています。一度使うと、普通のディスプレイには戻れません。

同様にテレビでの利用も楽しみですね。我が家での利用は、来年度になると思います。

尚、本ブルーレイレコーダーは、ポイントで購入する予定です。12月中旬ごろ注文予定です。

 

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加