ドコモの契約はありえない!ウルトラシェアパック30を検証する

ドコモから様々なサービスがでています。ドコモは、本当の料金がばれないように複雑にしてわかりにくくしています。

でも、トータルの料金を調べて年間どのくらい支払うのかを計算しれば、騙されずすみます。

一番安価なシンプルプラン 980円で計算してみましょう。

ウルトラシェアパック30を家族5人で利用した場合

主契約 :15,240円(税込)/月

  • シンプルプラン 980円
  • ウルトラシェアパック30(30GB)13,500円
  • spモード:300円
  • ずっとドコモ割 15年以上 -1,200円

副契約:1,922円(税込)/月

  • シンプルプラン 980円
  • シェアオプション:500円
  • spモード:300円
  • ずっとドコモ割 15年以上 -1,200円

ドコモの年間使用料金

(15,240 + 1,922×4人 )×12カ月= 275,136円

IIJmioの年間使用料金

6,860円×1.08円(税)×12カ月=88,906円

ただし、1台あたり2.4GB。ドコモの場合は、1台あたり6GB。通常2.4GBあれば十分です。

計算方法は、『540円/月で追加するIIJmio』を参照ください。

ドコモとIIJmioの年間使用料金の違い

275,136円-88,906円=186,230円

ドコモは、月々サポートがあるため、スマホ本体を若干安く買うことができます。しかも、サービスが良いです。

対して、IIJmioは、スマホ本体は原価になります。サービスは全てインターネット経由です。

でも年間186,230円の差があるなら、スマホ本体をガンガン買い替えてもIIJmioがお得です。

まとめ:きちんと計算してお得に利用

計算しないと騙されやすいです。

言われたことを、そのまま信じるのではなくて自分の頭で考えてください。

   このエントリーをはてなブックマークに追加