ドコモ即日解約の注意点

2016年6月27日にXperia X Performance(SO-04H)を購入しました。

格安SIMで使うため、即日解約して今でも快適に利用しています。

先月は、本体代を支払いました。95,472円お高いです。でも毎日使うものなので価値はあると思っています。

今月は、契約事務手数料3,240円と日割計算(3200円+3500円)/31日+消費税で3,473円支払う予定でした。

これでドコモと決別できます。

しかし、10,486円の請求が来てしまいました。

なんでやねん。

2016080360

早速、ドコモショプへ直行

請求の明細を見させていただきました。

事務手数料 3,240円

データプラン 3,200円+消費税

データSパック 3,000円+消費税

SPモード 300円/31円=10円

合計10,486円でした...

日割計算は、SPモードだけでした。

まとめ:即日解約の場合は、日割計算をしない

翌月に解約した場合は、日割計算。即日解約の場合は、日割計算をしないのが正しいとのことです。

ただし、『【情報共有】docomoタブレットを解約したら25カ月目でも無料じゃなかった話』のような経験もあるので、どこまでが正解なのか謎です。

今回は、店員の説明ミスとのことです。本来なら現金で戻すべきですが、金券で対応して頂きました。

対応時間が1時間30分。時間がかかりましたが、とても丁寧な対応でした。

   このエントリーをはてなブックマークに追加