ニコンのバッテリーについて

ニコンのカメラ用バッテリーは、エントリークラス(D5600以下)とミドルクラスD7000以上のクラスの二つに分かれています。

エントリークラスは、EN-EL14A 7.2V 1230mAh ミドルクラス以上だとEN-EL15 7.0V 1900mAhです。

大きさの違いについて

容量が1.5倍違いますのでバッテリーの体積も同様に違います。

厚さもこの通りです。

ハイエンドなら純正バッテリー

私の持論ですが、エントリークラスなら互換バッテリーで十分です。

ミドルクラスを含むハイエンドなら、純正バッテリーの方が良さそうです。

型番を見ることで、バッテリーが作られた日時が予想できます。

左が、2016年5月8日製造。右が2017年1月3日製造。

予備バッテリーは一つは必要

予備バッテリーは、最低でも一つは必要です。一つだけだと、充電している間使えないのが理由の一つ。また、遠方でバッテリー切れをした場合も、予備があれば安心です。

まとめ:ハイエンドなら純正バッテリーを一つは、買っておこう

お値段が高いので戸惑ってしまいますが、一つは買っておきましょう。

関連URL:

Nikon D5300:EN-EL14a互換バッテリーを購入してみた

2種類の互換バッテリーを試しました。どちらも良かったです。

   このエントリーをはてなブックマークに追加