プレゼンのスキルは、5秒でわかる!「B」ボタンではじめよう

私のこだわりは、プレゼンの内容に集中して頂くことです。

そのために余分な情報を少なくすることです。

例えば、プレゼン開始時にデスクトップ画面を見せる必要はありませんし、だからと言ってプレゼンが始まる前からスライドのタイトルを表示させておくこともありません。

何も表示することなく、私のプレゼンの時間になった瞬間から始めるのです。

何も表示していない状態から、瞬時にスライドを表示する

プレゼンスキルは、初めの5秒で予測ができます。プレゼンが上手い人は、導入もスムーズです。

20160218r819

実現方法

勝負は、誰もいないときから始まっています。

前もって綺麗に映るようにプロジェクターを配置しておきます。

そして、スライドを発表モードにしておきます。

20160218r814

そのあと、[B]キーを押します。Bとは、Blackの略で、プロジェクターを光らせないことを意味します。

※発表用のパソコンは、真っ黒な画面になります。

20160218r815

逆に[W]キーは、Whiteの略で、真っ白に光らせたい場合に使います。

通常は、[B]キーで行います。会場内が暗くなりすぎる場合だけ、[W]キーで始めます。

[B]キーでプロジェクターを光らなくして、自分の出番まで待ちます。

自分が紹介された瞬間に、何かキーを押してプレゼンを開始します。

20160218r814

まとめ:あくまでもご参考までに!

このテクニックは場面によって使える時と使えない時があります。

発表する人が複数人いる場合は、先頭の人だけができるテクニックです。

また、自分だけのために集まるようなイベントの場合には、タイトルを事前に表示させることも重要です。

プレゼンテーションテクニックは、実に様々です。実践では、いくつもの技を駆使して行います。

 

 

   このエントリーをはてなブックマークに追加