出先でスマホの電波が弱いときの対処方法(デザリング編)

スキーなど泊まりの出先でも、パソコンを良く触ります。

リゾート地でのあるあるが、電波が悪いこと。

場所に依存しないと言われるブロガーも電波が弱いところでは働けません。

そんな時の対処方法をお伝えします。

20161216r07

事前準備

半透明クロステープを準備してください。

20161216r00

事前設定

デザリングをオンにします。

20161216r02

電波が弱かった時は、機内モードを「オン⇒オフ」します。この作業により素早く電波を再取得します。

そして、電波が強かったらテザリングをオンにします。

20161216r03

LTEの4本を目指しましょう。

20161216r04

電波の強い所は、窓の上のど真ん中

絶対ではありませんが、多く場合は、窓の真中の上あたりが電波が強いです。探しておきましょう。

電波が強いところが見つかったら固定でします。

この時にコツがあります。必ず画面面を反対にして固定すること。

そうしないと、ガラスフィルムが取れてしまいます。

2箇所に半透明クロステープをつけます。落下防止のためです。

20161216r01

電池が無くならないように、電源を供給します。

モバイルバッテリーかパソコンとUSBで繋ぎましょう。

必ず固定してから、ケーブルをつないでください。逆の順番でやると、スマホを落下するときがあります。

20161216r05

以上で、快適環境を実現しました。

20161216r06

ちなみに格安スマホIIJmioで7.4Mbpsでした。このくらいの速度ならストレスゼロです。

20161216r00

まとめ:出先の必須知識

半透明クロステープを持参する注意点がありますが、これさえあれば、快適な環境を手に入れることができます。

ぜひ、出先でお試しください。

   このエントリーをはてなブックマークに追加