安くなってきたので最高峰の 「Intel CPU Core i7-6700K」に変更する

私が愛用していたのは、「Core i3-6100 3.7GHz 3Mキャッシュ 2コア/4スレッド LGA1151」です。

CPUは1万円前半と安価ながら、ほとんどのノートパソコンより高性能です。

業務上、数十万枚の写真を管理するようになった関係から、Adobe Photoshop Lightroom を使うようになりました。

すると、動きがモッサリしているんです。そこで最高峰の「Intel CPU Core i7-6700K」に変更することとしました。

20160915r60

高性能でも省電力

Core i7-6700KのTDPは91Wです。なぜかCPUクーラーが付属していません。

91Wと言えば、とても高いワット数なのでびびりますが、普段は低い周波数で動いているため、驚くほど省電力です。

Core i3-6100の画面ですが、近々i7に置き換えます。i3で全体の消費電力が42Wです。i7でも高負荷でなければ、ほとんど変わりません。

20160915r58

強力なCPUファンをつけるのが定番(^^)

今回は、小さめのファンをつけることとしました。製品名は、「スリム ヒーロー」。ところが...

20160915r61

写真で見ると小さいですが、実際みるとバカデカでした...

TDPは、135Wまで対応とのことで、相当冷やしてくれそうです。

20160915r62

縦横比で薄く見えるけど、結構な高さです。

20160915r63

まとめ:投資⇒回収を繰り返せ

サービスを提供する場合に、料金が発生します。料金のほとんどが人件費です。人件費を削減するにはどうすれば良いか。

一つは、質の高いパソコンを使って、高い効率で作業をすることです。

これからITで生き残るためには、高いIT技術が必要不可欠です。設備投資だけでなく、貪欲に技術を習得し、本ブログで公開していきたいです。

Core i7-6700K

ずいぶんお安くなりました。発売当初は、4万円後半でした。やっと妥当なお値段になってきました。

スリムヒーロー SlimHero 全高59mmCPUクーラー CC-Shero-01-A

Amazon直販しています。すごい!

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加