待望のKindle Oasisが発売!ケース込でKindle Paperwhiteと比較

噂通り昨日、Kindle Oasisが発売しました。

当初、防水のKindleと予想されていましたが、やっぱり違いました。

お風呂や温泉でKindleが読めないのは、残念なことです。

20160406r99

ライバルは、Kindle Paperwhite

ライバルは、約一万円で購入できるKindle Paperwhite です。

同じ解像度で、同じ画面サイズ。通常なら、3倍以上もするKindle Oasis を購入する必要がありません。

選定は、カバー付で考えるベシ

Kindle Oasisは、最初からカバーがついています。対してKindle Paperwhiteは、カバーは予めついていません。

完成度の高いカバーのため、Kindle Paperwhiteもカバー付きで検討・比較した方が良いでしょう。

Kindle Paperwhiteのカバーは、4680円。Kindle Paperwhiteの本体は、キャンペーンなし版で12,280円です。

キャンペーンなしとあり版があり、ありの方が2,000円安いですが、広告が表示されてかなりウザイです。

キャンペーンなし版を選ぶべきです。

あとからナシにする裏技

キャンペーンありは、ウザイです。あとからナシにする裏技もあります。

詳しくは、「朗報!Kindle端末のキャンペーン情報が無料で削除できた」を参照ください。

まずは、価格で比較

カバー付きで考えます。2倍以上の価格差があります。

価格差は、21,020円

Kindle Paperwhiteの価格(キャンペーンなし版)

12,280円+4,680円=16,960円

Kindle Oasysの価格(キャンペーンなし版)

37980円
※カバー付

重さで比較

カバーを含めると1.5倍の差があります。Oasysの圧勝です。

Kindle Paperwhite(205g) + カバー(159g)= 364g

Kindle Oasys(131g) + カバー(107g) =238g

バッテリーのもち

4倍以上の差がありOasysの圧勝です。

Kindle Paperwhite 数週間(1日30分使用時)

Kindle Oasys 数か月(一日30分使用)

LEDの数で比較

Oasysの圧勝です。使わないとわからない違いですが、開発者が必要と思ったのでしょうね!

Kindle Paperwhite  LED 4個使用

Kindle Oasys LED 10個使用
※明るさの均一性が向上

大きさで比較

高さは、26mm短く、逆に幅は、26mm広くなっています。

Kindle Paperwhite  169 x 117 x 9.1mm

Kindle Oasys  143 x 122 x 3.4~8.5mm
※厚さは、細い部分が3.4mm。分厚い部分が8.5mm

20160406r101

ケースで考える

Kindle Paperwhite 175 x 127 x 16 mm

残念ながらOasysのケースサイズは、非公開です。

本体と最適化されているため、薄さは、期待できます。Paperwhiteは、6.9mm分厚くなっていますが、Oasys  は、カバー側しか分厚くならないと考えられます。

20160406r98

ページめくりボタン

これは欲しいです。Paperwhiteで不便感じたところです。

Kindle Paperwhite なし

Kindle Oasys あり

容量や無線(Wi-Fi)で比較

内蔵ストレージは、どちらも4Gでした。

Wi-Fiは、どちらも802.11b/g/n です。a や acが不可でした

まとめ:通常はPaperwhite、上質を求める方はOasys

Paperwhiteの完成度が高く、差別化が難しい所ですが、以下の4点が向上しています。

また、液晶画面と本体との段差もなく質感が高いと思われます。

  • 明るさが均一
  • 4倍以上バッテリーがもつ
  • 軽い2/3の重さ
  • ページめくりボタンあり

関連URL

月に1冊の条件がありますが、多くの本が無料で読めます。ただし、無料で読めるのはKindle端末だけです。パソコンで読むのは対象外。

月に1冊無料で読める本の一覧

 

【レビュー】実質半額になった!kindle paperwhite 2015(ニューモデル)

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加