七二会で串パンを楽しむ

昨日は、イベントなどで、楽しめないかと串パンを試作してみました。

枝・竹がないので、菜箸で代替。

枝にパン生地を巻くと枝パン。竹にパン生地を巻くと竹パンです。下は、串パンになるのかな?

材料

今回は、以下の材料で試しました。いろいろ加減をして完成させたいです。

串パン10本程度の材料

強力粉 280g
バター 50g
砂糖 大さじ3杯(22.5g)
スキムミルク 大さじ2杯(12g)
小さじ1杯(5g)
Mサイズ1/2個(25g)
150ml
ドライイースト 小1(2.8g)

※室温25度以上の時は、約5度の冷水を使う

作り方

パン焼き機でパン生地を作りました。夏場であれば、常温で発酵できそうです。

上記の材料をどんどん入れていきます。パン生地モードで生地をつくります。

そして10等分にします。15分ほど休ませます。

円すい形にして、10分~15分休ませます。

☆写真なし(スミマセン次回撮影します。)

棒に巻いて焼きます

下のバージョンは、棒付ウィンナーに上の生地を巻いたものです。

そして、じっくり焼きます

試食した結果、ウィンナーを入れた方が美味しいとのことで意見が一致しました。

竹パン(ご参考)

ウィンナーと同等の太さの竹を準備して、竹にパン生地を巻いて焼きます。焼いたあと竹を外します。

ウィンナーも別途焼いて、ドッキングさせれば最高です。

面倒なら今回のように、直接ウィンナーに巻いて焼いても美味しいです。

枝パン(ご参考)

枝で作ると枝パンです。こんな感じでみんなで焼くと楽しいです。昨日は、炭を使って焼きましたが、薪を燃やした熾火(おきび)で焼くのも良いです。

 

昨日の串パンも綺麗に焼けました。

本日紹介した串パン・竹パン・枝パンは、いかがでしたでしょうか。

みんなで作ると楽しいです。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:1 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加