決まった定形文を素早く入力する!マイクロソフトキーボード編

いまさらなことですが、決まった文章を素早く入力したい時があります。

改行を含まないときは、IMEの辞書登録が良いです。

今回は、改行を含む文章をフリーソフトなしで実現します。

20170107r00

前提条件:マイクロソフトキーボードを使う

かなり厳しい条件だと思いますが、他社であってもプログラムキーがあったら対応可能です。

実施作業

「Microsoft マウス キーボード センター」をインストールすると、個別にキーを割り当てることができます。

Microsoft Accessories ソフトウェア ダウンロードに移動します。そして対象のソフトウェアをダウンロードします。昨日紹介した「All-in-One Media Keyboard」なら右下です。

https://www.microsoft.com/accessories/ja-jp/downloads

20161224r141

Microsoft マウス キーボード センター

今回は、私が普段使っているマイクロソフトキーボードの「1」に定形文を割り当てます。

予め「定形文.txt」などを作成して文章を入力して保存しておきましょう。

お手数ですが、以下の住所に送付ください。
〒381-3123
長野県長野市七二会1234番地5
電脳まなぶ
026-123-4567

「Microsoft マウス キーボード センター」アプリを起動し、以下のように操作します。

割り当てたい部分のボタンの画像をクリックし、「プログラム、Webページ、またはファイルを開く」グループの「参照」を押します。そして、テキストファイルを選択します。

20170107r01

以上で「1」を押すと、メモ帳が起動するようになります。便利です。

20170107r02

メモ帳は、あまり性能が良くないので人によっては、「TeraPad」や「サクラエディタ」をインストールして規定のプログラムを変更すると良いでしょう。

まとめ:もっと早く使っていれば良かった

私が使っているWireless Comfort Desktop 5050 AESは、ユーザー設定キーが5つもあります。もっと早く使っていれば結構な時間を節約できたと思います。キーボードは、作業時間に大きく影響をします。

また、疲労軽減効果もありますので、ノートパソコンの方も普段使うのは、外付けキーボードにして快適なパソコンライフを実現しましょう。

関連URL

【レビュー】マイクロソフト 暗号化機能搭載 無線キーボード+マウス Wireless Comfort Desktop 5050 AES

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加