簡単に星の軌跡を撮影しよう!タイマー リモートコード編

カメラを購入したら、いろんなものを撮影したいもの。

今回は、七二会の抽象でもある陣馬平を背景に撮影しました。

20161216r33

前提知識:星空が撮影できること

記事が前後しますが、星空が撮影できることが前提です。別途、近々記述します。お楽しみに!

20161216r35

必要なもの:ロワジャパン タイマー機能付 リモートコード

とても安いのでポチってください。ニコンユーザーの場合は、リモートコードがないと、実現できません。

ニコンの場合は、リモードコードには、二つの種類があり大抵は、MC-DC2です。

普及機:MC-DC2

D750 D610 D600 D90 D7200 D7100 D7000 D5600 D5500 D5300 D5200 D5100 D5000 D3300 D3200 D3100

上級機:MC-30A

D5 D4S D4  D810 D810A D800/D800E D700 D500

撮影方法

本製品は、ダウンロードしてマニュアルを手に入れます。

マニュアル『https://www.rowa.co.jp/data/img//TC-200.pdf

星空の場合は、マニュアルで撮影します。予め撮影して、露光時間を決めておいてください。

  • 例)シャッター(露光)時間:15秒ほど

主なボタンについて

以下の順番で説明します。

  • 設定をする
  • 設定の確認
  • 撮影のスタート・ストップ

20161216r37

タイマーを設定する

以下が設定例です。お好みで調整してください。

  • Ⓐ 撮影開始時間:2秒(適当でよい)
  • Ⓑシャッター(露光)時間:15秒ほど(事前に調べること)
  • Ⓒインターバル:16秒など(露光時間+1秒以上)
  • Ⓓ撮影回数: -- 連続 (1回から399回まで設定可能。--は、連続)
  • Ⓔ音あり・なし

「SET」ボタンを押します。

上下左右ボタンを押して、時間・分・秒を設定します。

20161216r38

秒を設定した状態で、→を押すと、「Ⓑシャッター(露光)時間」に変わります。

20161216r39

同様に、Ⓑ15秒Ⓒ16秒と設定しましょう。

Dでは、回数を設定します。同様に上下で数値。「→」でⒺ。「←」だとⒸに戻ります。

1や399で上・↓に動かすと「--」連続の設定となります。

20161216r40

Ⓔの音は、分かると思います。

設定中に「SET」を押すと、設定が終了します。

設定の確認

設定の確認は、←→のボタンを押してください。Ⓐ~Ⓔの設定を確認できます。

撮影のスタート・ストップ

撮影のスタート・ストップは、START/STOPボタンを押してください。

タイマー中は、ランプでわかると思います。

補足:ライト/LOCKについて

ライトマークを押すと、6秒間点灯します。

同ボタンを3秒押すと、LOCKです。もう3秒押すとLOCKです。「L」マークで分かります。

注意事項:電源ボタンはなし

つけっぱなしで大丈夫です。結構もちます。

まとめ:ニコンで星の軌跡をするなら購入しよう!

今回は、タイマー式のリモートコードの使い方を中心に説明しました。

撮影したいなら、購入しておきましょう。

20161216r33

 

 

 

 

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加