純正品と扱い方が違う!激安互換インク活用のコツ

私は、価格が1/20の互換性インクを使っています。

何年間も、使えていますので純正品でなくても大丈夫と思っています。

20161105r49

ちなみに今回購入したもの

2個で439円(送料込み)。純正は、4,626円ですので、1/20のお値段です。凄い!

超基本:不良品は当たり前!必ず2個は、持っていよう

これは、書かなくてもいいぐらいですが、超基本です。すぐに到着しないので、常に2個は持っているようにしてください。

まったく使えないのは、1割程度だと感覚的に思っています。統計をとらないとダメですね!

よくあるトラブル:治らない目詰まりは、その色のカードリッジを交換

何回ヘッドクリーニングを実施しても、目詰まりが直らない場合があります。

そんな場合は、カードリッジを交換してからヘッドクリーニングをすると治る場合があります。

メーカー品ならこんなことないのですが、気が付くのに時間がかかりました。

インクが少なくなると、カードリッジを識別できなくなる

激安互換インクは、残量チェックがイマイチなようです。よって、先ほどの目詰まりは、インクが少なくなっただけかもしれません。

また、インクが少なくなるとカードリッジが認識できないことも多いようです。

まとめ:治らない目詰まりは、カードリッジ交換で解決

ケースバイケースですが、私の場合は、この方法でかなり解決しています。純正より大幅に安いので許してしまいます。(^^)/

関連URL

【キャノン追加】プリンター徹底活用!印刷コストを1/10に PCまなぶ

 

デバック用: FB:0 TW:3 Po:3 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 3  このエントリーをはてなブックマークに追加