紙のクリップ!DELP(デルプ)を使ってみた

日経新聞で2位を取得した「紙のクリップ!DELP(デルプ)」を使ってみました。

 

20160910r07

いままでのクリップと違って良いところ

  • 紙のクリップにすることによりエコ
  • 再び閉じることができる
  • 15枚まで閉じられる
  • 5色により色分けすることができる
  • クリップのところに字が絵が描ける

イマイチなところ

  • コストが高い
  • 書類の角を曲げる必要がある

いままでのクリップと違って良いところ

それでは順番に説明しましょう。

エコで15枚まで取れる。再び閉じることもできる

この商品の最大の売りは、ここだと思っています。似たような製品にハリナックスシリーズがありますが、5枚・10枚の制限があります。

この商品は、さらに上をいく15枚までです。しかもハリナックスと違って再び閉じることができます。

これは大きな魅力です。

20160906r18

5色により色分けすることができる

この点も他のクリップにはないメリットです。色別で識別できることは素晴らしいです。色鮮やかになります。

20160906r19

クリップのところに字が絵が描ける

試しにボールペンで書いてみましたが、イマイチ書きにくいです。水性のマジックなら良いかもしれない。

20160906r20

イマイチなところ

コストが高いことです。アマゾンにて635円でした。一つあたり13円です。普通のクリップなら一つあたり1円程度です。

13倍のコストアップは頂けない。

書類の角を曲げる必要がある

これも面倒です。クリップとのことで、差し込むだけで良いかと勘違いしておりました。

しかし、圧迫しないのでスカスカです。 20160906r23

曲げて止めることで固定します。ちょっと面倒です。

20160906r22

まとめ:適材適所で使用する

この商品にもメリットデメリットがあります。とはいえ、使うだけで楽しい商品です。

一度使ってみてはいかがでしょうか。

   このエントリーをはてなブックマークに追加