高速充電ケーブルは要注意!Xperia X Performance最速充電の落とし穴

今どきのスマホには、充電を高速に充電する機能が備わっています。誤った知識だと、急速充電2のつもりが、急速充電1になってしまいます。

急速充電1と急速充電2の充電速度の違いは、25%程です。

×充電専用ケーブル(通信不可)だと急速充電2対応の充電器でも急速充電1になってしまう。

0%から100%にするのに2時間38分でした。

P1060626

○フル結線(通信可能タイプ)を選択ください。25%程度高速に充電できます。

今回の検証だと、9.75W/7.26W=134%となりました。計測時は34%高速に充電できていることがわかります。

0%から100%にするのに2時間6分でした。

P1060627

速度の違い

グラフで見ると、以下のように違うことがわかります。

P1060628

急速充電1と急速充電2の違いは、以下の通りです。参考情報として、Quick Charge 3.0も記載します。

正式名称 ドコモ名 速度
Quick Charge 1.0 急速充電1 充電が40%高速に
Quick Charge 2.0 急速充電2 急速充電に比べ25%程高速
Quick Charge 3.0  - 急速充電2に比べ最大27%程高速

実測の違い

158分/126分=125%なのでメーカーの情報と合致します。

急速充電1の充電時間 2時間38分=158分

急速充電2の充電時間 2時間6分=126分

高速に充電できる仕組み

スマホ発売当初は、電流量で充電速度をコントロールしていましたが、今のトレンドは、電圧もコントロールすることで、充電速度を制御しています。

Quick Charge 1.0は、5Vのみ対応

Quick Charge 2.0では5V、9V、12V、20Vの4つの電圧のみ

Quick Charge 3.0では3.6Vから20Vの範囲内で、200mVごとに最適に電圧を設定

尚、電池の残量が、少ないときほど高速充電になり、100%に近づくほど充電速度は遅くなります。

よって、電池の残量が少ない時ほど、高速充電技術が生きます。

Xperia X Performanceは、急速充電2に対応

残念ながらQuick Charge 3.0には対応していません。その代わりに、バッテリー寿命を延ばす技術が新搭載されています。

以下は、Xperiaアンバサダーの説明資料。

P1060624

急速充電2に対応した機器が充実

まだ、急速充電3に対応した6ポート充電機は少ないですが、急速充電2に対応したものは充実しています。

私が愛用している以下の2製品は、対応しています。

少ないスペースで最速充電!Satechi 5ポートUSB充電スタンド

最高峰の急速充電器!CHOETECH 60W 6ポート Quick Charge 2.0対応

×充電専用ケーブルだと急速充電1になる

充電専用ケーブルだと急速充電1になります。じゃ不要になるかと言われるとそうではなく、例えば、パソコン経由で充電するときは、USB3.0端子に、これでないと充電時間が超遅くなるので注意。

○フル結線ケーブルで急速充電2が実現

まとめ:急速充電2に対応した機器とフル結線のケーブルを選べ

表題の落とし穴とは、最速充電を目指そうと、高品質な充電専用のケーブルを使っても、急速充電1になってしまう点です。

よって、急速充電2に対応した機器とフル結線のケーブルを選択しましょう。

 

尚、本機は、Xperia アンバサダープログラムのモニター企画で「Xperia X Performance」をお借りしました。

検証に使用した機器とケーブルについて

両側とも表裏を気にせず挿せる!Leesentec耐久性Micro USB ケーブル

3Aまでに対応しています。

最高峰の急速充電器!CHOETECH 60W 6ポート Quick Charge 2.0対応

デバック用: FB:0 TW:4 Po:4 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 4  このエントリーをはてなブックマークに追加