高音質でお洒落なヘッドホン!Satechi アルミニウム Bluetooth ワイヤレス も可

今回は、Satechi アルミニウム Bluetooth ワイヤレス ヘッドホンを頂きましたのでレビューします。

ちなみに撮影の時にお世話になっているのがSatechi のマットです。

オタクな部屋もお洒落に見えるので助かります。(^^;)

P1060691

二つの顔を持つヘッドフォン

Satechi アルミニウムヘッドフォンは、有線・無線(ワイヤレス)も快適です。順番に説明しましょう。

  • 有線
  • ワイヤレス

有線接続

有線だと、充電・設定などが不要です。両端を挿すだけです。

P1060694

リモコンで操作や通話もできる優れものです。4つ端子の方(右側)が本体側です。リモコンの位置で予想できると思います。

P1060692

1回押し 再生・停止 / 2回押し 次の曲です。

P1060693

マイクもあります。小さな穴がマイク穴。

P1060695

ワイヤレス接続

ワイヤレス接続について詳しく説明しましょう。

電源ボタンを3秒押しで電源のオン・オフ

電源ボタンを3秒押しで電源のオン・オフができます。

P1060697

電源を入れただけだと、青色の点滅です。

P1060696

6秒押しでペアリング

6秒押しでペアリングです。青・赤交互の点滅になります。

P1060698

6月24日に発売するXperia X Performanceでも、もちろん正常に使えます。表示名は、[ST-AHP]こちらでもマイク付として認識しています。

P1060699

マイク穴もさりげなくあります。

P1060700

ボリュームの上げ下げは使いにくい

長押しで、ボリュームの上げ下げです。正直使いにくい。

慣れるまでは、画面を見るベシ。

P1060701

短く押すと、前の曲 / 次の曲

使いやすいです。

LINEでの通話も出来ました

マイクが正常に動作していることを確認できました。

頭の小さい/大きいも大丈夫

大きさが変わるので、ほとんどの人にフィットすると思います。

P1060702

ヘッド部分が回転し薄く収まる

持ち運びする人は、箱を捨てないでね。ケースに入れると良さげです。

P1060703

音は低音から豊か。いい音

ソニーのノイズキャンセル&ハイレゾ対応のヘッドフォントと比べました。

大差はなくいい音です。

まとめ:お洒落に音楽を楽しみたい方に

有線・無線とも快適に利用できました。無線の時のボリューム調整が長押しで使いにくく感じましたが、スマホ側で操作すればいいことでしょう。

色は、3色あります。シルバー・スペースグレイ・ゴールドです。

わかりやすい日本語の説明書付きです。

   このエントリーをはてなブックマークに追加