プレゼン 必須道具 追加2つ

★★★まとめサイトに移動移管しました。最新バージョンは、「【まとめ】プレゼン 必須道具 8つ」をご覧ください。★★★

以前、プレゼン必須道具をまとめました。

以下の2点を追加します。

超定番 画面拡大ソフトZoomIt

ZoomIt

Windows 7から[Windows]+[+]が追加されたため、何もソフトをインスールしないで、画面拡大できるようになりました。

しかし、矢印を表示したり、四角に囲んで表示することは、できません。そこで活用したいのがマイクロソフトが提供している無料の「ZoomIt」です。癖がありますが、様々なことができます。

セキュリティが厳しい企業でも、マイクロソフトが提供しているため、大丈夫なことが多いようです。

?できること

  • インストールしないで、実行
    ZoomItにアクセスし、画面ショット「Live.Sysinternals.com から直接 ZoomIt を実行する」をクリック
  • 拡大 [Ctrl]+[1]
  • 記載[Ctrl]+[2]
  • カウントダウン[Ctrl]+3
  • リアルタイム拡大 [Ctrl]+[4]
  • 矢印の記載、四角形、直線
  • テキストの描画(英語のみ) 描画モード時に[t]
拡大 記載 カウントダウン 矢印の記載 テキストの記載
(英語のみ)

ソフトの使い方

このサイトがわかりやすいです。

@IT デモンストレーション時に画面の一部を拡大表示する(ZoomIt編)

ホワイトボードマーカー

説明をするときにホワイトボードに板書をすることが結構あります。その時に困るのがホワイトボードマーカーのインクが少なくスカスカのときです。

薄い字で書くだけで素人っぽくなってしまいます。

ホワイトボードマーカーは、たった100円程度のものです。それだけのことで、素人っぽくなるのは避けたいところです。プロとして、説明したい場合は、常にバックに携帯しましょう。

私は、「WBMAR-10M-B」を使用していますが、講師によっては、もっと太くて見やすいマーカーを3色かならず持参している方もいます。

   このエントリーをはてなブックマークに追加