ホームページの落とし穴「タイトルに凝る」

ホームページのアクセス数を伸ばす伸ばすには、「魅力的なタイトルにする」との記事を見かけますが、もっと気を付けないと駄目がことがあることに気が付きました。

「タイトルを見て、クリックして頂いた方に、期待以上の結果を見せないと、次がない」ということ!

ホームページに大切なのは、

  • 見たくなるタイトル
  • 期待を裏切らない内容

が必要だということです。

もし、期待を裏切るようなタイトルであれば、公開してはいけません。(私は、目先のアクセス伸ばしのため結構公開しました。反省)

無知と言うのは、とても怖いものです。知らないと「平気で凝ったタイトルを考える」⇒「閲覧者の期待を裏切る」⇒
「いいタイトルをつけても見られなくなる」⇒「アクセス減少」

という悲しい結果が待っています。

タイトルの期待に答えることができる内容にしてから公開する!備忘録として記載したいと思います。

逆転の発想もある?!

今は、「Google ウェブマスター ツール」という便利な機能があります。

まずは、Googleの検索に上位に来るようなニッチで魅力的なタイトルをつける

アクセス履歴を参照し、クリック数が大きければ、急いで内容を充実させる

いずれも、ユーザーの期待を裏切ってはいけません。

誰もクリックしてくれない内容に時間をかけるよりも、アクセス結果からアクセスの多い記事に時間をかけた方が、作者のモチベーションが高まりますし、呼び込み効果が高いです。

まずは、クリック数10を超えるようなタイトルを!!

新製品+クリックしたくなる1単語をつけると検索される可能性が高くなります。クリック数が10を超えたら、育てるように内容を充実させていきます。将来的には、クリック数50や100と増やすことを目指していきます。

本画面は、「Google ウェブマスター ツール」でクリック数でソートをかけたものです。「タイトル」と「内容」を、考えて、ユーザーの期待に応えていないもは、急いで改善させる必要があります。

   このエントリーをはてなブックマークに追加