ホームページ作成者の永遠のテーマ、サイトの横幅

ホームページ作成者の永遠のテーマは、サイトの横幅をどのようにコントロールするかにあります。

以前は、750px程度が一般的でしたが、2008年から950pxのホームページが大幅に増えました。

先駆けて950pxを採用していたのはトヨタ自動車のホームページぐらいでした。トヨタは、2005年2月から950pxを採用しています。他社より約3年先駆けて採用しているなんてすごいですね!

HPの横幅が変わったきっかけは、2008年1月1日にyahooのホームページがリニューアルされ、950pxになったことです。ライバルmsnも2008年4月1日から、950pxになり多くのサイトが採用するようになりました。やはり、ヤフーの影響が大きかったと思います。

今は、1250pxで作りたいところですが、残念ながら未だに1024pxで利用しているユーザーが1割ほどいるため難しいのが現状です。

先ほど説明した1割の人を除けば、現在利用しているユーザーの多くは、1920pxから1280pxが一般的です。よってホームページ作成者が950pxと固定するのではなく、1920pxから1024pxの方まで快適に見ることができるようにすることが望ましいと言えます。

ちなみに、現在のトヨタは、1024pxのユーザーを中心にターゲットにしており画像によっては、1180pxの画像も背景として取り入れています。車社会だけでなく、ホームページの世界でも先頭を走っているなんてすごいですね!

   このエントリーをはてなブックマークに追加