情報セキュリティスペシャリスト合格方法

2012年10月21日に情報セキュリティスペシャリストを受ける予定です。難易度は、レベル4となっていますが、レベル4の中では、最もオススメです。

その理由の一つに、レベル4の中で唯一年2回チャレンジできるということです。他のレベル4の試験だとタイミングによっては、1年待たないといけなくなりますが、本試験なら半年待ちですみます。

万が一不合格でも半年後に再チャレンジできるのは心強いです。

また、情報セキュリティは、あらゆる業務に直結していますので、レベル4の入り口として受験するのは、得策と言えます。

何度も繰り返しになりますが、一番やさしいレベル1からチャレンジしてください。いきなりレベル4から受ける方もいますが、それぞれの過程を知ることも重要です。レベル4をいきなり受ける方は、高校を卒業しないで、いきなり大学を行くようなもだと思います。

情報処理技術者試験の試験制度
レベル1 ITパスポート
レベル2 基本情報処理技術者試験
レベル3 応用情報処理技術者試験
レベル4 情報セキュリティスペシャリスト試験

このステップで受験する場合は、2年以内に応用情報処理に合格しているケースが多いと思います。すると午前Iは免除されますので、突破すべき試験は、残る3つです。午前Iは、難易度がレベル3とはいえ、範囲がとても広いため免除されるのはありがたいことです。

よって、学ぶべきは、午前II以降の3つになります。

情報処理技術者試験の試験制度
試験時刻 試験時間 出題形式 出題数 回答数
午前I 9:30 10:20 50分 多肢選択式
(四肢択一)
30問 30問
午前II 10:50 11:30 40分 多肢選択式
(四肢択一)
25問 25問
午後I 12:30~14:00 90分 記述式 4問 2問
午後II 14:30~16:30 120分 記述子 2問 1問

勉強方法は、テキストを2冊買います。

分類 教科書 過去問題集
表紙
価格 3,024円 3,129円
出版社 翔泳社 技術評論社

そして過去問を、ひたすら解きます。不明なところは、教科書で調べます。

人によっては、教科書を一通り読んでから過去問に入る人もいるでしょう。

サプリメント本、4冊を紹介します。あとは、好みでいずれかを利用して足りない点を補いましょう。

分類 入門書 要約版 午後問題集 予想問題集
表紙
価格 1,890円 1,470円 3,885円 3,360円
出版社 秀和システム 秀和システム アイテック アイテック

最高レベルの資格になりますので、応用情報を持っている方は、ぜひチャレンジしましょう!

   このエントリーをはてなブックマークに追加