物欲道 プレゼン 必須道具 

★★★まとめサイトに移動移管しました。最新バージョンは、「【まとめ】プレゼン 必須道具 8つ」をご覧ください。★★★

業務上、大人数の前でプレゼンすることが多いです。

いつも形から入る私としては、以下の「3つを必須道具」「2冊の参考書籍」を揃えることをオススメします。

1.指示棒

プレゼンをするときは、指示棒がなかったり、折れ曲がったものを使用すると、恰好があまり良くないだけではなく、説得力もなくってしまいます。指示棒は、なぜかコクヨが独占的なぐらい人気があるものになっています。

乱暴にあつかうと、すぐに壊れますので要注意。丁寧に扱うえば、末永く利用できるでしょう。

KOKUYO サシ-2 指示棒

2.スマートにプレゼンをしたいとき

このレザーポインタは、離れた状態で、スライトを進めたり戻したりすることができます。本体に付属している小型レシーバをパソコン本体に取り付けるだけで利用できます。

また、指示棒の代わりとして緑色のレーザーポインタがついています。会場によっては、とても頼もし機器です。
LOGICOOL プロフェッショナルプレゼンター タイマー機能・LCD搭載 R800

3.レールクリヤーホルダー

講師の資料は、紙のホッチキスだけだと、あまり恰好が良くありません。そこで以下のようなものを使います。

閉じる枚数によって使い分けています。

レールクリヤーホルダー レールクリヤーホルダー リヒトラブ ルーパーファイル
収容枚数20枚まで 収容枚数40枚まで 収容枚数100枚まで

4.プレゼンの基礎を身につける

プレゼンテーションの基本がわかりやすく記載されています。私自身、定期的に見て、きちんと守っているからチェックしています。

よくわかる自信がつくプレゼンテーション

5.プレゼンの応用を学ぶ

故スティーブ・ジョブズから学ぶべきことは、多いと思います。その中のひとつかプレゼンテーションテクニックです。スティーブ・ジョブズのプレゼンは、世界一とも言われています。初心者向けではないと思いますが、読むべき本の一つでしょう。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

以上の5ついかがでしょうか。プレゼンは、とにかく時間をかけて準備をして、自分自身に自信を持つこと!!そしてプレゼン終了後は、しっかりと反省すること。この二つにつきる感じがします!!


   このエントリーをはてなブックマークに追加