今どきのディスプレイについて

2013年3月16日に記載しましたが、古くなったため、新しい内容に更新します。

2013年は、WQXGA(2560x1440)元年とも言えると思います。いままでのディスプレイは、普及価格帯が、1920×1020。多少高くなりますが、クリエイター用として1920×1200が一般的でした。

もし、これ以上の解像度を使おうとすると、別途ディスプレイカードを購入することになり、敷居がいっきに高くなります。

しかし、2013年6月に発売予定のパソコン(Haswell)から、4k(3840×2160)までのディスプレイに対応します。さすがに4kだとディスプレイの値段が高くなり、現実的ではありません。

32型 4Kディスプレイについて(参考情報)

2013年2月15日、初めてパソコン用の4KディスプレイPN-K321(3840×2160)が発売されました。価格.comさんによると価格は、34万円です。Amazonは、ちょっと高めで41万円でした。

27型2560x1440ならば5万円台と現実的

私も、2013年6月になったら、パソコンとディスプレイを世代交代させるつもりです。

今回も、私がお勧めする3タイプを紹介しましょう。すべてIPS液晶です。TN液晶に比べ、わずかに値段が高くなりますが、見る角度による偏色が少なくなるためIPS液晶がお勧めです。

オススメディスプレイ1 ASUS PB278Q [27インチ]

メーカー:ASUS PB278Q
解像度:2560x1440
サイズ:27インチ
価格:5万円半(Amazon価格)
1年前にあたる前回は、サムスン S27A850Dをお勧めしていました。本機種は、サムスンの液晶パネルを使った製品です。本家と同じ、液晶パネルで、本家よりも接続インターフェースが多く。使い勝手が良いです。サムスンは、液晶部門で世界シェアでNo1と言われています。この商品を進める理由は、高解像度・低消費電力・広視野角にあります。
注意点: 2560x1440を使用するには、普及価格帯のパソコンでは表示できません。別途、デュアルリンク対応ディスプレイカードを準備します。
2013年6月発売のHaswell世代から、この制限がなくなります。
補足: HDMI接続では、1920x1080が限度です。個人的にiiyamaが好きなんですが、2560x1440がiiyamaからでないんですよね...

オススメディスプレイ2 iiyama ProLite XB2485WSU

メーカー:iiyama ProLite XB2485WSU
解像度:1920x1200
サイズ:24インチ
価格:3万円 Amazon価格
次の候補は、24インチディスプレイです。私は、20年前からiiyamaディスプレイを利用しています。現在もiiyamaディスプレイ 1920x1200を2台利用しています。魅力は、庶民的な価格です。(冗談抜きで)低消費電力・広視野角で、価格お手軽になっています。ほとんどのパソコンで利用できます。
プロとして使用するにも十分でしょう。現在の一般的なディスプレイは、1920X1080です。本ディスプレイは、120ピクセル縦が長いです。値段が倍ほど高くなりますが、この差が結構大きいです。

オススメディスプレイ3 iiyama 23インチワイド液晶ディスプレイ

メーカー:iiyama X2377HDS-B PLX2377HDS-B
解像度:1920x1080
サイズ:23インチ
価格:1万円代後半(amazon価格)
次の候補も、先ほどよりわずかに小さい23インチディスプレイです。高解像度・広視野角が特徴で、さらにお手軽になっています。ほとんどのパソコンで利用できます。もっと安いものがありますが、これより安くなると微妙な選択になってきます。あとは好みで選ぶしかないです。

アームも検討してね

アームを使うと机をいっきに広く使うことができます。値段が高いのが難点ですが、投資する価値はあると思います。

マルチディスプレイも検討してね!

今どきのパソコンは、2台までディスプレイを接続できます。(第3世代 Ivy Bridgeから3台まで)

2台つなげると超快適です。私も2台つなげて楽しんでいます!

   このエントリーをはてなブックマークに追加