Windows 7で実用レベルになった画面拡大表示機能

Windows XPまでは拡大鏡という微妙な機能がありましたが,Windows 7からは、使える画面拡大表示機能が搭載されました。

 

拡大する(拡大鏡を起動する)

[ウィンドウズ]キー + [+] 拡大

 

縮小する

[ウィンドウズ]キー + [-] 縮小

 

拡大解除

[ウィンドウズ]キー + [ESC]

マイクロソフトのホームページにも記載されておりませんが、拡大は、[ウィンドウズ]キー + [;]でも対応できます。特にノートパソコンでは知っていると便利です。

デュアルディスプレイだと上手くできないようです。 ※そもそもデュアルでプレゼンする人は少ないでしょうが... 拡大部分を大きくして対応することで回避可能です。

 

   このエントリーをはてなブックマークに追加