2章HTMLとPHPの表示

目次にもどる 学習時間60分

自分で作成したHTMLを表示する

ホームページを参照する場合は、「直接参照する方法」と、「wwwサーバー経由で参照する方法」があります。

「直接参照する方法」の場合は、自分しか参照することができませんが、「wwwサーバー経由で参照する方法」だと別のコンピュータが自分のパソコンを参照することができます。

1.「C:\xampp\htdocs」に移動する

XAMPPの場合、公開したいホームページは、「C:\xampp\htdocs」配下に設置します。そうすることで、他のコンピュータも自分が作成したページを参照できます。

「スタート」⇒「コンピューター」⇒「ローカルディスグ(C)」⇒「xampp」⇒「htdocs」

2.右クリック⇒新規作成⇒テキストドキュメントでno01.htmlを作成する

 


拡張子が表示している状態で、拡張子を必ずhtmlにしてください。

もし、拡張子が非表示の場合、拡張子を変更してもアイコンがテキストマークのままです。

以下のhtmlを入力し保存します。太字のみでも大丈夫です

<html>
<head>
<title>HTMLのご案内</title>
</head>
<body>
ようこそHTMLへ
</body>
</html>
</body>
</html>

もっと正しい構文で入力したい所ですが、簡単に確認したいので上記でいいでしょう。

3.no01.htmlをダブルクリックします。

きちんと表示されましたね!!

次にブラウザを起動し
http://127.0.0.1/no01.htmlと入力します。

同様の結果が得られます。

同じことをしているように感じますが違います。

前者は、クライアント側だけで処理をしているのに対し、後者は、サーバーを経由して、処理をした結果をみているのです。

もし、サーバー側の処理を止めてしまうと見れなくなります。

また、サーバー側で処理をしているため、2台以上あるような職場や家庭では、別のパソコンから自分のパソコンのIPアドレスやコンピュータ名を入力することで参照することが可能ですが、クライアントサイド(前者)ではできません。

自分で作成したPHPを表示しよう

PHPの場合は、「直接参照する方法」では、見ることができません。ファイルをダブルクリックしても、サーバーを経由しないためです。

「wwwサーバー経由で参照する方法」だと参照でき、htmlと同様に別のコンピュータが自分のパソコンを参照することができます。

?1.「C:\xampp\htdocs」に移動する

移動方法は、HTMLと同じです。

2.さきほどのno01.htmlをテキストエディタで開き「ファイル」⇒「名前をつけて保存」⇒no02.phpにて保存する

先ほどと同じように新規作成からno02.phpを作成しても大丈夫です。

3.以下のphpを入力し保存します。

もちろん太字のみの入力でも大丈夫です。

<html>
<head>
<title>PHPのご案内</title>
</head>
<body>
<?php echo "ようこそPHPへ" ?>
</body>
</html>
</body>
</html>

そしてno02.phpをダブルクリックします。
すると変なウィンドウが表示されて実行できません。
これはphp形式のファイルを直接実行できないことを意味しています。

4.ブラウザを起動し「http://127.0.0.1/no02.php」を入力し表示します。

すると正常に見られたと思います。

次にブラウザのソースを見てみましょう。

ブラウザの画面で右クリック⇒「ソースの表示」

すると結果しか表示されないことがわかります。

phpでは処理された結果だけがブラウザに送られます。

クライアントだけではどのような処理がされたか分かりません。

ポイント

  • HTMLの拡張子は.html
  • PHPの拡張子は.php
  • htmlはダブルクリックするだけで実行ができる(クライアントサイドの特徴)
  • phpはダブルクリックしても実行ができない(サーバーサイドの特徴)
  • ブラウザのアドレスバーに「http://127.0.0.1/no02.php」と入力し実行した場合は、ブラウザには実行した結果だけが送られ表示される(サーバーサイドプログラミングの特徴)

前へ 目次にもどる 次へ(明日公開)

 

   このエントリーをはてなブックマークに追加