3分でVBAプログラマーになる!

プログラミングをゼロから学ぶ場合に、もっとも楽なのがExcel VBAです。
↑もっと手っ取り早いものを知っていましたら教えてください。

いきなりですが、早速プログラミングをはじめましょう!

事前準備として、必要なのがExcelです。持っていない方は、Amazonなどを利用してExcelを購入しよう。

今回は、Excel 2010で説明しますが、他のバージョンでも動きます。

1.Excelを起動します。

2.[Alt]+[F11]を押します。

3.メニューバーの[挿入]⇒[標準モジュール]をクリックします。

4.sub Helloを入力し[Enter]

すると以下のように補完されます。

Sub Hello()

End Sub

5.内容に msgbox "Hellp VBA Worldへようこそ!"と入力する

スペルが正しいと自動的にMとBが大文字になります。自分で大文字にするとスペルミスかどうかの判断ができなくなるため通常は小文字で入力します。また、msgboxの前には、[Tab]キーを押してインデントをおこなうのが一般的です。以下のようになります。

Sub Hello()
    MsgBox "Hello VBA Worldへようこそ!"
End Sub

6.[F5]を押します。F5は、実行を意味するキーです。余談ですが、30年前もBASICを実行するためによく[F5]キーを押したものです。いまだに変わらないのがすごいですね。

いかがでしょうか。これであなたもVBAプログラマーです。

   このエントリーをはてなブックマークに追加