一眼カメラ撮影のレベルアップに!写真家65人のレンズテクニック

今日は、お勧めカメラ本を紹介します。「イラストでよくわかる 写真家65人のレンズテクニック」です。

20151015r14

オススメポイント

  • 撮影のmm数に応じた撮影方法が明記
    ※失敗例と成功例の対比が解りやすい
  • イラストが多くわかりやすい
  • レンズの違いがわかる

撮影のmm数に応じた撮影方法が明記

私のカメラは、DXフォーマットのため、2/3に計算する必要がありますが、フルサイズの16mmは、DXフォーマットの場合11mmです。

また、そのmm数でやりがちな失敗事例が書いてあるため、わかりやすいです。

例えば、今回の例(右下の点線)では、被写体を大きく写したので、窮屈になった事例。

20151015r15
イラストが多くわかりやすい

本書の特徴は、様々なところにイラストが掲載されていること。ざわざわ読まなくてもある程度内容が予測できます。

20151015r16

レンズの違いがわかる

本書は、広角、標準、マクロ、大口径(いわゆる単焦点レンズ)、望遠と網羅してあります。

順番に記載されているため、『こんな表現したいときには、このレンズ』と解りやすいです。

また使用したレンズによっての違いも明記されています。

20151015r17

まとめ

以下の写真も、本書からヒントに撮影しました。製品がひきたついい写真ですね!(自画自賛)

ステップアップを目指す方は、ぜひ読んでください。

20151015r10

   このエントリーをはてなブックマークに追加