地味に55% OFF!Adobe CCの更新料「デジタルハリウッド」と「アドバンスクール」について

Adobe CCを毎年購入(更新)しています。

前年度は、通信教育を受講することにより、社会人でも学生価格で購入しました。

今年度は、違いを知りたくて「アドバンスクール」の3年版を利用しました。

購入当初は、アカデミック版を1年後に購入(更新)できるか心配していましたが、デジタルハリウッドから案内が来て購入できることがわかりました。

スクールによって、購入の方式が違うようです。

デジタルハリウッドは、1週間後に以下の商品(ライセンス)が到着します。まったりと更新ができます。

対して、アドバンスクールは、2~3日後にライセンス引換券が到着します。有効期限は、ライセンス引換券到着後10日以内です。

デジタルハリウッドの更新方法

  • 再インストールの必要なし
  • AdobeIDを継続利用
  • デジタルハリウッドの更新料
    30,908円(税抜)
    33,380円(税込)
  • お申し込み後、約1週間後に商品が到着

更新期限に余裕をもって購入した場合でも、商品到着後すぐに登録可能。
現在の契約終了日の翌日から1年」が契約期間として再設定されます。

別の所で購入された製品を更新する場合には、重複期間が無駄になる可能性がある
念のため更新日まで入力を待った方が安全。

アドバンスクール

デジタルハリウッドの場合は商品が送付されますが、アドバンスクールは引換コードが送信されます。

地味に最安値です。

アドバンスクールの更新料

期間限定で500円分のQUOカードがつくようです。

  • 27,000円(税別)
  • 29,160円(税込)

 

詳細は、以下の通りです。動画編集のPremiereが通信教育にないのが残念ですが、InDesignがあるのは魅力です。

あと、最近思う疑問ですがFlashは不要です。これから学ぶものではありません。

デジハリも、なぜかFlashがついています。

まとめ:アドバンスクールで3年版購入後、1年版更新が最安

学生で教材不要なら、時期が極めて限定的ですが、Amazon Prime Dayを利用しましょう。2017年も私が調べた限り最安でした。

詳しくは、『Amazonのウォッチリストを活用して最安値でゲットしよう』を参照ください。

  • Adobe Creative Cloud コンプリート 1年 23,760円⇒16,632円
  • Adobe Creative Cloud コンプリート 3年 67,716 ⇒ 47,401円

社会人で安価に使いたいなら、アドバンスクールで3年版購入後、1年版更新が教材がついてオススメです。

   このエントリーをはてなブックマークに追加