雪景色とロウソクと明かりが素敵!会津絵ろうそくまつり

平成27年2月13日金曜日から14日土曜日の17時30分から21時までの間、会津若松では「会津絵ろうそくまつり」を開催していました。

20150208r48

まずは、鶴ヶ城から

あまりにも綺麗で感動しました。尚、鶴ヶ城から撮影したもの。絵ろうそくまつりの二日間だけ夜も入れます。18時から20時30分まで。入場〆切20時。入場料200円

20150208r49

咲子さんとリアル若松っつんに遭遇。城内の売店です。咲子さんいつみてもお綺麗です。

20150208r51

今回の主役は、絵ろうそくです。会津絵ろうそくを皆さんに知って頂こうと、このまつりを開催しています。

今年で16回目です。鶴ヶ城や御薬園をはじめ市内各所にて約10,000本のロウソクのあかりが楽しめます。

20150208r52

お店もいろいろやっています。団子で腹ごしらえ。

20150208r53

雪とロウソクの明かりが絶妙にマッチして、綺麗です。

20150208r54

幻想的。一度は、足を運んでみる価値があります。

20150208r55

ロウソクの明かりと言っても、いろいろな形があります。

20150208r56

次は、御薬園(おやくえん)へ

実は、御薬園が一番きれいと言う方も多いです。

何も知らず城から歩いていきました。実は、シャトルバスが100円であったんです。歩くと20分。バスだと5分。100円必要。バスは、30分間隔です。
※写真は、道中です。

20150208r57

御薬園では、暖かく羊と小法師が迎えてくれます。尚、ネイティブでは、小法師を「こほうし」ではなく「こぼし」と言うようです。※どちらも正解

20150208r58

やっぱり情緒あふれる景色と言えば、御薬園ですね。真夜中の撮影。カメラの感度が良すぎて昼間のようです。

20150208r59

ん、家の中に人が。しかも美しい音色が聞こえる。

20150208r64

家の中で、三味線を弾いてくださっています。

20150208r61

鶴ヶ城は、最上階からの美しさドーンって感じですが、御薬園は、ロウソクの明かりや雰囲気をシンプルに楽しめるので、情緒を求めるなら一番です。

小さな庭園ですので、3歳程度のお子さんから年配の方まで十分に楽しめます。

20150208r60

この繊細は、日本人で良かったと思う瞬間でもあります。さらに近づくと。

20150208r65

また綺麗。

20150208r62

竹の中をのぞくと違った美しさが。ロウソクの明かりがこんなに美しいとは知らなかった

20150208r63

満たされたのは、ココロだけではありません。胃袋も大満足でした。

会津柳津の「あわまんじゅう」も大好きです。ペロリと頂きました。「まちの駅鶴ケ城」の中にあります。

20150208r66

鶴ヶ城から御薬園に向かう道中、290円のラーメンも頂き!幸楽苑ありがとう。幸楽苑は、郡山が発祥で、福島のいたるところにあります。

20150208r67

まとめ:ココロも胃袋も大満足の一日

会津若松は、都心から3時間から4時間程度で来ることができます。

また、高速バスを使えば、新宿から会津若松まで片道2600円です。
※事前に、インターネットで予約をする必要あり

工夫次第でオサイフにも優しいです。

関連URL

会津と言えば、若松っつん!デスクトップの壁紙(テーマ)にする

会津まつり!歴代藩公行列に綾瀬はるかさん登場

福島観光の中心でもある会津若松の一番大きなイベントは「会津まつり」です。

20140015r64

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加