超人気モバイルバッテリー「Anker Astro E4 第2世代」と「cheero Power Plus 3」を比較する

安価で人気にあるモバイルバッテリーと言えば、Ankercheeroです。

その中の一番の売れ筋商品を比較したいと思います。
Anker Astro E4 第2世代 13000mAh VS cheero Power Plus 3 13400mAh

20141201r23

そもそもメーカーから

cheeroは、海外のメーカーだと思っていたら、日本なんですね。

ANKERとは

2008年に設立した米国の中国の周辺機器メーカー。元Google社員グループが設立した会社。米国で人気のあるメーカーで、日本でも2013年ごろから高い支持を得ています。

※中国の会社でした。訂正します。情報提供ありがとうございます(御礼)
 http://www.nikkei.com/article/DGXDZO75833640Z10C14A8FFE000/

cheeroとは

もともと立体駐車場などに使われる部品を扱う在阪企業、ティーアールエー(TRA)のcheero事業部によるもの。

当時、市場にはモバイルバッテリーは既に登場していたが、8000~9000円という相場だった。値頃感を追求するため、中国で生産しつつ、販路をAmazon.co.jpを中心にしてコストダウンをはかり、2012年、2000円台前半で製品をリリースする。

日本では、Ankerよりも先に、モバイルバッテリーの分野において、人気を得ている。

比較表

  • 重さでは、2割ほどcheeroが有利
  • 充電最適化のAnkerに対してiOSに特化したcheer
  • Ankerなら充電ポートを選択する必要なし。
  • 初回価格なら互角のコストパフォーマンス
  • 通常ならAnkerが若干コスト的に有利
ANKER cheero
容量 13,000mAh 13,400mAh
重さ 293g 245g
大きさ 150 x 62 x 22mm 92×80×23mm
出力 3A/3A 合計3A 2.4A/1A 合計3.4A
入力 2A 2A
充電最適化 あり なし
アダプター あり なし
価格 3,580円 初回2,780円
通常3,500円
保障 18カ月 6カ月
備考 2Aの充電機付 三洋電池により
軽量化を実現

充電時間は、Ankerが1時間短い

Ankerにて、空の状態から満タンまで充電したところ、7時間でした。cheeroの発表によると8時間とのことなので、Ankerが1時間早いと思う

Android系は、Ankerが倍ほど充電時間が早い可能性あり

これからの検証になりますが、おそらくcheeroは、iOSに最適化されています。Android系では、倍ぐらい差がでる場合もあります。

例として、Galaxy S4の場合、Android系給電なら2時間で充電できます。しかしiOS系なら4時間かかります。

20141201r25

まとめ:パワーユーザーのAnker。iOSに特化ならcheero

それぞれ個性を持った製品です。重さだけならcheeroが有利ですが、Androidへの急速充電では、Ankerが有利です。

Ankerは、好評発売中

レビューもしたよ。Anker Astro E4 電源アダプタ付属モデル詳細レビュー

cheeroの発売は、12月6日の10時

まだ発売されていません。

関連URL

Anker Astro E4 電源アダプタ付属モデル詳細レビュー

20141019r16

   このエントリーをはてなブックマークに追加