今どきのトレンド分析!モバイルバッテリーが面白い。Anker PowerCore 20100など

Anker、容量20,100mAhで世界最小のモバイルバッテリーが発売されました。今どきのトレンドを分析します!

Anker PowerCore 20100の3つの特徴

  • 3割り軽い(20,100mAhで356g)
  • 20,100mAhの容量
  • VoltageBoost

定価は、4,000円です。

国産バッテリー搭載により3割軽い

Anker PowerCore 20100の特徴は、今までのモバイルバッテリーより3割り軽くて小さいことです。パナソニック製品のバッテリーを使って実現しています。

なんと20,100mAhで356g。デメリットとして価格が、少し高いです。

他社になりますが、同様に国産バッテリーを使用して軽さを実現しているものがあります。

以下の製品は、13,400mAhで245g。他社の13,400mAhと比較しても軽いです。

20,100mAhの容量

Anker PowerCore 20100の特徴は、大容量であること。

他社で重たくはなりますが、ほぼ同容量で安価な製品があります。

20,000mAhで445g。 PowerCore 20100mAhで356g比較すると89g重たいですが、安いのは嬉しいです。

VoltageBoost

Anker PowerCore 20100の特徴は、VoltageBoostに対応していること。

VoltageBoostは、ケーブルの抵抗が大きいときに若干電圧を上げて、充電速度を上げる技術。

具体的な時間が書いていないことから、この機能があっても、ほとんど充電スピードは変わらないと予測します。

ただ、この技術を使われているのは、Ankerだけです。

VoltageBoostは、モバイルバッテリー以外に、新型の4ポート充電器と10ポート充電器にも搭載されています。

4Port 10Port

モバイルバッテリーでは、PowerCoreシリーズに搭載されています。

PowerCore
10400
PowerCore
13000
PowerCore
15600
PowerCore
16000
 日本になし   米国のみ
 240g  300g 341g  308g

AnkerでもQuick Charge 2.0がある

Quick Charge 2.0は、電圧を5Vから9Vに上げることで、充電速度を上げる技術。スマートフォン側が対応していれば、2割りほど充電スピードが速くなります。

以下の製品は、PowerIQ と VoltageBoostおよびQuick Charge 2.0まで搭載されています。(miniは除く)

Quick Charge 2.0は、20%から30%ほど高速充電できるものです。

PowerCore+
mini(3350)
PowerCore+
10050
PowerCore+
13400
日本はまだ
これら
80g  236g 306g
 銀・ピンク・金
Quick Charge 2.0
 黒のみ 黒のみ

まとめ:新世代モバイルバッテリーが発売された

電車通勤が多い方は、値段が少し高くても、軽くて小さい方がよいでしょう。

車移動がの多い方がは、若干軽いよりも、安い方がいいのではないでしょうか。

どちらが良いかは、好みが別れますが、選択肢が増えることは嬉しいです。

   このエントリーをはてなブックマークに追加