パソコンの電源を買い替え!ANTEC 550Wモデル NE550C

自作パソコンの電源を買うなら500W以上を買いましょう。私事ですが、パソコンの電源を買い替えました。

旧400W電源(玄人志向 KRPW-L5-400W)に比べいい感じです。

20160915r88

400Wと550Wの違い

電源の種類により異なりますが、わかりやすく以下の表現とさせてください。

400W 玄人志向 KRPW-L5-400W/80+

500W 玄人志向 KRPW-L5-500W/80+

550W ANTEC 80PLUS BRONZE NE550C

主な違いは、12Vに供給できる電力量。CPU・GPU・HDDへの供給能力が高いです。

あとは、コネクタの数の違いです。

※値段に比例して信頼性が高りますが、今回は目に見えないのであえて書きません

3.3V 5V 12V -12V 5Vsb
400W 16A 16A 30A 0.3A 2.5A
550W 18A 16A 42A 0.3A 2.5A

20160915r90

ATX12V/EPS12Vコネクタの違い

左は、400Wのコネクタです。4ピンしかありませんでした。ATX12Vのコネクタ。

私の使っているマザーは、8ピンです。4ピンでも動くとのことですが、不安材料の一つでした。

右は、500Wのコネクター8ピン(4ピン×2)です。これで安心して使えます。右がEPS12Vのコネクタです。オーバークロックなどの際に電力不足を補うためにあります。

20160915r89

ドライブ電源コネクタ(S-ATA)の数の違い

400Wは、3つ(1本)までしかありませんでした。現在、SSDを3つ使っており、ギリギリ間に合っていました。

500Wは6つ(3つ×2本)ありますので、さらなる追加が可能です。

20160915r91

PCI-E電源コネクタの違い

400Wは、PCI-Eの電源コネクタが6ピンで1本した。

550Wは、PCI-Eの電源コネクタが8ピン(6ピン+2ピン)で2本です。これでVGAカード2本差しも可能です。

20160915r92

印字とケーブル保護の違い

CPUコネクタは、ピン数が同じため印字とケーブル保護についてみてみましょう。

550Wの方は、印字がされており何に使うのかが一目でわかります。

また、黒い保護布で覆われているので安心感があります。

20160915r93

(ご参考)後姿について

あんまり違いがないですね。550Wの方は、日本製のコンデンサーを使っています。

20160915r94

まとめ:電源は500W以上で

試しに400Wを購入しました。動作は安定していますが、コネクタの数などもギリギリでイマイチでした。

パソコン教室用に大量に購入しようと思っていたため、試した価値はありました。

400W 3,209円は、電源がちょっと不安。

500W 3,718円なら8ピンEPS12V/PCI-E 8ピン+PCI-E 6ピン/S-ATA 4つ(1本)と満足度が高かったと思います。

今回、購入したのは、5,979円と高価なものです。予算に余裕があれば本製品。厳しければ後述の500Wを購入すると良いでしょう。

今回購入したもの

代替案500W

デバック用: FB:0 TW:0 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 0  このエントリーをはてなブックマークに追加