Bandicutで動画を無劣化でカットや結合をする

業務上、パソコンの操作などの動画をキャプチャーします。

動画をキャプチャーするときに使うハードとソフトは、以下の通りです。

ハードウェア:『DC-HC3PLUSでHDMIキャプチャーを極める!

ソフトウェア:『BandicamでHDMIキャプチャーを極める!

動画をキャプチャーした時の「あるある」は、余分な動画を前後に入ってしまうことです。

今回は、Bandicutを使用して前後の余分な動画を削除しましょう。

インストール方法

https://www.bandicam.com/bandicut-video-cutter/jp/』をクリックします。

「Bandicut - 画質劣化のない高速動画カットソフト」のBandicutダウンロードをクリックします。

もう一度、Bandicutダウンロードをクリックしインストールします。

操作方法

インストールは、一瞬で終わりました。カットも結合も操作は、統一されています。

「カット」を押しましょう。

ファイルを選択します。

切り取りたい部分だけドラックし、スタートを押すだけです。

上の例では、前後を削除しましたが、中を切り取りたい場合は「+」を押します。

同様の操作を繰り返し、それぞれ再生する部分を決めます。

[▶]を押すと、出力結果の確認ができます。

結合も操作は、同じです。

まとめ:購入の価値あり

Bandicamと同様に、直感的な操作で動作も安定しています。

関連URL

【ソフトウェア編】BandicamでHDMIキャプチャーを極める!

 

【ハードウェア編】DC-HC3PLUSでHDMIキャプチャーを極める!

デバック用: FB:0 TW:1 Po:2 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加