Windows 8からの新機能 ドライブやSDメモリを暗号化する【BitLocker編】

Windows 8からの新機能の紹介です。万が一、ノートパソコンをなくしてしまったとき、中のデータを他の人に見られたくないものです。

主な暗号化手段は、2種類

  • BitLocker
    OS標準の暗号化。ただし、Windows 8 Pro以上が必要。余談ですが、Windows 7 Enterprise以上でも可能です。
  • TrueCrypt
    デファクトスタンダードな暗号化ツール。無料で、OS依存なし。ただし、作業は煩雑。

今回は、手軽にできるBitLockerにて実施します。Windows 8.1 Proを使用します。

20131123r48

実施方法は、超簡単

対象ドライブを右クリックし、「BitLockerを有効にする」をクリックします。

20131123r54

少し待ちます。

20131123r41

「パスワードを使用してドライブのロックを解除する」をクリックし、パスワードを入力します。

20131123r42

パスワードを忘れた場合のため解除するためのキーを残します。「Microsoftアカウントに保存する」をクリック

20131123r43

少し待ちます。

20131123r44

「使用済みの領域のみ暗号化する」をクリックし、「次へ」をクリック。
尚、ファイルをゴミ箱から削除した場合であっても、そのデータがHDD上のどこかに残っている可能性があります。削除済みファイルも含めて暗号化したい場合は、後者「ドライブ全体を暗号化する」を選択します。

20131123r45

以上で、作業終了です。

20131123r46

暗号化したドライブにアクセスする

暗号化したドライブに対してダブルクリックなどをしてアクセスをします。

20131123r53

パスワードを入力します。

毎回入力するのは、面倒です。そこで、「その他のオプションを表示・・・」⇒「このPCで自動的にロックを解除する」⇒「ロック解除」と順番に行うことで次回からの入力は、省略できます。

20131123r49

設定変更は、コントロールパネル

[Windows]+[X]⇒[P]でコントロールパネルを表示。「システムとセキュリティ」をクリック。

20131123r51

「BitLockerドライブ暗号化」をクリック

20131123r50

ここで一通りの設定ができます。

20131123r52

暗号化されているかは、簡単に確認できます

コンピュータでアイコンを見るだけです。暗号化は、ドライブごとに設定できます。

暗号化されている場合

20131123r48

暗号化されていない場合

20131123r53

暗号化解除前は、金色。金色の方は、閉じていますね。

20131123r55

Windows RT8.1(Surface 2)でも読むことがでました。

暗号化したSDメモリを取り出して、Surface 2で試したところ、Windows 8.1 Proと同じようにパスワードを入力することで、読み書きできました。Windows 7やWindows 8.1(Proではない)でもなんとなく読めそうですね!

まとめ:作業は、とても簡単。ただしWindows 8.1 Pro以上限定

たったこれだけの作業で、強固な暗号化ができます。Pro以上の方は、ぜひご利用ください。パソコンに記憶させれば、毎回パスワードを入力する必要もありません。

関連URL

   このエントリーをはてなブックマークに追加