【レビュー】BUFFALO 無線LAN子機 11ac 866Mbps USB3.0 WI-U3-866D

私事ですが、5Ghz帯のSSIDが見えない現象が発生しました。

子機の問題のため、別途買い直しました。

ついでにレビューします。

5Ghz帯のSSIDが見えない現象の原因

satechi製品は、W56に相当するSSIDが駄目でした。Amazon Fire TVも同様です。

そこで本製品を購入しました。

 

日本製品だと、W52/W53/W56に対応していることが明記されています。

 

無事、改善しました。

 

本製品の特徴は、延長ケーブルが付属していること

この製品よりも安いのもありましたが、延長ケーブルが付属していることを高く評価しました。

 

両面テープで貼ると、はがすのが大変なので、『3M コマンド フック』で対応しました。

カッターで端を切りました。

 

これなら、綺麗にはがせます。

 

ケーブルを取り付けたところ。ケーブルは、いつでも外せます。

 

パフォーメンスは、良好

ウィルスバスターがネックで10Mbps程度しかでません。ウィルスバスターを終了させることで204.10Mbpsまででました。

実際には、400Mbpsまで期待できますが、インターネット側の速度がボトルネックとなりました。

 

まとめ:通常は、433Mbpsで十分

子機には、866Mbpsまでの機器と、433Mbpsまでの機器があります。インターネット側の性能がネックになるため、通常なら433Mbpsで十分です。値段もさほど変わらないことから、お好みのものを買うと良いでしょう。

デバック用: FB:0 TW:2 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加