Capture NX-DでアクティブD-ライティングを使いこなす

一眼デジカメ3年生のPCまなぶです。

一眼デジカメは、新たに学ぶことが多くて楽しいです。そんな自分が、ネットで調べても書いていないことが多々あります。そんな時こそ執筆のチャンスです。

今回は、Capture NX-DでアクティブD-ライティングを変更する方法をわかりやすく執筆します。

20160829r16

Photoshop現像は、万能ではない

RAWで撮影した写真をJPEGに変換することを現像と言います。現像できるソフトの代名詞と言えばPhotoshopですが、万能でないことに気が付きました。

Photoshop現像だと、カメラで設定した詳細設定が反映されない場合があります。

例えば、『ハイキー&ローキーを使いこなせ』のように撮影したRAW画像だと、Capture NX-DとPhotoshopで現像するのと結果が大きく異なるのです。

また、撮影後にアクティブD-ライティングを変更したい場合も、Photoshopだと出来ませんが、Capture NX-Dだとできます。

そもそもアクティブD-ライティングとは

アクティブD-ライティングを使うと、逆光などにより、明暗差の大きい景色を撮影するのに効果的です。明るい部分の白とびを抑え、暗い部分の黒つぶれを軽減する効果があります。

「なし」だと、黒くつぶれてしまっています。

20160829r19

より強い2だと、通常の見た目に近づきます。

20160829r20

 

アクティブD-ライティングの操作方法

アクティブD-ライティングを後から変更する方法はわかりにくいです。
※なれれば問題なし

「露出」のアイコンをクリックします。すると下に「アクティブD-ライティング」が表示されます。

ここで変更できます。

20160829r12

オリジナル

撮影時もベストと思える設定で挑みました。どんなに頑張っても、比較しないとわからないですね。

アクティブD-ライティング:オート
ピクチャーコントロール:背景

20160829r15

結果A:アクティブD-ライティングなし

シルエットで勝負するなら「ビビット」+「コントラスト+3」

  • アクティブD-ライティング:なし
  • ピクチャーコントロール:ビビット
  • コントラスト+3

20160829r13

結果B:アクティブD-ライティングより強め2

より強め2を使っても、彩りがイマイチだったため、Photoshopで自然な彩度+100にしました。

  • アクティブD-ライティング:より強め2
  • ピクチャーコントロール:背景
  • Photoshopで自然な彩度:+100

20160829r14

結果C:アクティブD-ライティングより強め2 + モノクローム

アートな感じで好きです。

20160829r18

まとめ:Capture NX-DのRAW現像は楽しい

一年前に同様のことを調べてもさっぱりだったのですが、やっと少し理解できてきました。

Capture NX-Dは、なくてはならないソフトですね!

   このエントリーをはてなブックマークに追加