【ハードウェア編】DC-HC3PLUSでHDMIキャプチャーを極める!

私は、プロのブロガーとして生計を立てています。

HDMIの画面出力を、プロとして美しく表現することをこだわっています。

20160803r11

こんな場合にHDMIキャプチャーが必要

著作権などの法律がありますので、法律を遵守して行ってください。

  • ゲームのプレイを中継したい
  • HDMI出力を録画したい

HDMIキャプチャーを使えば綺麗に録画できる

【スクリーンミラーリング編】Xperia X Performanceのテレビ出力について』にて利用させて頂きました。

2大キャプチャーツール

今回は、半額のDC-HC3PLUSで実施しています。拡張ボードがさせるディスクトップパソコンでないと利用できません。

ノートパソコンの方は、MonsterXを利用ください。

MonsterX U3.0R SK-MVXU3R 約2万円

Drecap DC-HC3PLUS 約1万円

その他必要なもの

安いのでお持ちでないなら購入ください。

HDMI分配機

HDMI出力を二つにすると、キャプチャーをしながらディスプレイに表示をさせることが出来ます。DC-HC3PLUSを利用するなら必須の装置です。

HDMIケーブル

合計3本必要です。すでにお持ちの方も多いでしょう。安価なのでない方は、購入ください。

キャプチャーソフト

DC-HC3PLUSに付属している「honestech HD DVR 2.5」を使うと、なぜかブルースクリーンが頻発します。また、そうでなくても使い勝手がイマイチです。

それを解決するには、Bandicam製品版を利用することです。相性問題があるかもしれないので、まずは無料版でお試しください。

https://www.bandicam.com/jp/

Bandicamはゲームや動画、Webカメラ映像など、PC画面に表示される内容なら何でも高画質でキャプチャーできる高性能動画録画ソフトです。

20160803r12

Drecap DC-HC3PLUSを試してみた

付属品は、以下の3品です。ロープロファイル用のアダプター。拡張ボード。キャプチャーソフト。

20160803r14

装着した感じも良さげ

20160803r15

キャプチャーソフトhonestech HD DVR 2.5は使いやすいがブルースクリーンが頻繁に発生し、実用レベルではない。

20160803r16

DC-HC3PLUSは、30fpsが最高

30fpsとは、1秒間に30回画面を書き換えるかを意味します。通常であれば十分な性能です。

しかし、シビアな描画を要求するゲーマーだと不足という方もいます。60fpsを目指すなら迷わずMonsterXです。

まとめ:キャプチャーソフトを変更することで超快適になった

 

キャプチャーソフトは、残念ながら実用レベルではありませんでしたが、変更することで快適になりました。

以下の環境で安定して動いています。参考になれば幸いです。

  • Windows 10 Anniversary Update
  • 第六世代CPU i3
  • H170
  • GTX650
  • キャプチャーソフト Bandicam(別途購入)

関連URL

【ソフトウェア編】BandicamでHDMIキャプチャーを極める!

デバック用: FB:0 TW:0 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 0  このエントリーをはてなブックマークに追加