ついに決定版がでた!Windows 10で親指シフトを使用するDvorakJ編

キー入力の速度が2倍になる親指シフトはすごいです。

親指シフトを使えば立花岳志さん曰く、「ローマ字入力に比べて生産性が1.5倍になる」とのことです。
※思考の時間で相殺すると、1.5倍ですね

残念なことに、親指シフトを実現する素晴らしいソフトが少なく敷居が高いのが難点でした。

やっと決定版とも言えるソフトが登場しました。DvorakJです。

20160420r15

親切なインストールがあって使いやすい!

いままでの親指シフトのシミュレーターは、インストールが大変で使い勝手もイマイチでした。

本ソフトを使えば簡単に導入できます。

インストール方法

DvorakJ親指シフトインストーラー(vectorのサイト)』に移動します。

インストールを実行するとインストーラーが起動します。「次へ」を押します。

「次へ」を押します。

「次へ」を押します。

「完了」を押します。

かんたん設定が起動します。通常は、そのままで大丈夫です。

親指シフトの終了方法

DvorakJを終了させるために、右下の^をクリックし、DvorakJのアイコンを右クリックし、メニューから「終了」をクリックします。

まとめ:限界突破に必要な知識

親指シフトをマスターすれば、ローマ字に変換する必要がないため、キー入力が早くなるだけでなく、思考の中断が少なくなり作業効率が高まります。

ITで飯を食べるには、必ずマスターして頂きたい知識です。

関連URL

親指シフト完全マスター【入力方法編】(1/2)

親指シフト完全マスター【入力方法編】(2/2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デバック用: FB:0 TW:3 Po:8 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 3  このエントリーをはてなブックマークに追加