スマートフォンで複数のメールアドレスを管理する(iOS編)

複数のメールアドレスを管理する方法は、基本的にiPhoneもAndroidも差があまりません。ちょっとした差がありますので説明します。昨日、記事で違う部分のみ記載します。

現在メールアドレスを複数持つことは、珍しくありません。

  • プライベートでメールアドレスを取得した
  • 大学に入学したら、強制的にメールアドレスを配布された
  • Androidスマートフォンを利用したら、自動的にメールアドレス(Gmail)が配布された。

などなど、理由は様々です。

また、仕事用とプライベート用をそれぞれ分けてメールアドレスを持ちたい場合もあります。パソコン/Android/iOSとも複数のメールアドレスを持つことは、初めから対応しています。早速、説明しましょう。

様々なケースがありますが、今回イメージしやすいように以下のようにします。今回の例では、自主的に複数アドレスを持つのではなく、やむを得ず持つようなケースです。

20140506r46

このようなケースだと、まめに見たい時に追加し、見る必要がなくなったら、削除する方法になるでしょう。

追加方法

設定ボタンをタップします。

20140506r65

下にスライドし、「メール/連絡先/カレンダー」を選択します。

20140506r66

「アカウントを追加」を選択します。

20140506r67

「Google」を選択します。

20140506r68

名前は、メールが相手に到着したときに表示される文字列。説明は、自分自身が管理するための名前です。

20140506r79

使用するものを選択します。今回の例だとメールさえできれば大丈夫。「保存」をタップします。

20140506r70

以上の操作で追加されました。

20140506r74

メールを起動します。

20140506r73

きちんと追加されているのがわかります。

20140506r75

名前(説明)の変更方法

上記の例では、Gmailとなっており、何のメールかさっぱりわかりません。そこで適切な名前に変更しましょう。先ほども記載したように「説明」に依存しますので説明を適切な文字列に変更します。

20140506r65

下にスライドし、「メール/連絡先/カレンダー」を選択します。

20140506r66

Gmailを選択します。

20140506r76

説明の部分をGmailから「プライベート」に変更します。

20140506r77

以上の設定で、Gmailからプライベートに変更することができました。

20140506r78

削除方法

業務から解放され、代表メールを読む必要がなくなった場合もあるでしょう。このような場合は、メールアカウントを削除します。

設定ボタンをタップします。

20140506r65

下にスライドし、「メール/連絡先/カレンダー」を選択します。

20140506r66

削除したいアカウントを選択します。

20140506r80

「アカウントを削除」を選択します。

20140506r81

まとめ:メールの設定は、設定⇒「メール/連絡先/カレンダー」で!

いままでのWindowsのアプリケーションは、アプリケーションで設定していたため、パソコンに詳しい方は、メールアプリを起動して探しがちです。しかし、AndroidとiOSは、OSの設定で操作します。覚えておくと便利ですよ

   このエントリーをはてなブックマークに追加