【Windows8.1のメリット】拡張子の表示が超簡単

Windows 7が使いやすいと良く言われていますが、Windows 8以降から大幅に使いやすくなった機能があります。

それは、拡張子の表示が超簡単になったことです。「表示」タブをタップし、「ファイル名拡張子」にチェックをつけるだけ。

20140124r54

操作方法

エクスプローラを立ち上げます。

20140124r55

表示させたい「フォルダ」をクリックします。

20140124r56

もし、リボンが表示されていない場合は、表示タブをクリックしたあと、さらにタブをダブルクリック▽をクリック後、表示タブをクリックしてください。

20140124r57

「表示」タブをタップし、「ファイル名拡張子」にチェックをつけるだけ。

20140124r54

従来のやり方(参考情報)

スタートボタンを右クリックし、「コントロールパネル」をクリックします。

20140124r59

「デスクトップのカスタマイズ」をクリックします。

20140124r60

「フォルダーオプション」をクリックします。

20140124r61

「表示」タブを選択し、スクロールバーを一番下にして、「登録されている拡張子は表示しない」をクリックします。

20140124r62

この操作でも拡張子が表示されます。

20140124r58

まとめ:大幅に楽になった「拡張子表示」

いままで10回以上クリックしていたことがこんなに簡単になりました。嬉しいですね!

関連URL

   このエントリーをはてなブックマークに追加