【準備編】花火撮影について

花火大会が近くなると「難しいと思っていませんか!花火撮影のコツ Nikon D5300」のアクセスがド~ンと伸びます。

私も、本記事をみながら花火撮影をしました。とても重宝します。

今回は、カメラすらお持ちでない方のために必要な機材についてまとめました。全て揃えても5万2千円で済むのはすごい!

20150811r53

カメラ本体

カメラは、ニコン派とキャノン派にわかれます。

ニコンは、一般的に黒に強くボタンが多いですが慣れると使いやすい特徴があります。

キャノンは、パッとした見た目が綺麗なのと、なんとなくの商品イメージが良いのが特徴です。

ニコン派の方は、「機種別に見る、おすすめのデジタル一眼レフ 5選」を参照ください。

キャノン派の方は、リンク先の比較表を参照ください。

D3300 D5300 D5500
オススメ
楽天 楽天 楽天

レンズ

レンズは、標準でついてくるレンズ(18-55)で十分です。必要に応じて望遠や広角を準備すると良いですが、標準レンズ以外の出番が少ないのが現状です。他のレンズは、いろんな経験をしてから攻めると良いでしょう。

三脚

私は、超定番のVelbon(ベルボン) EX-440を利用しています。詳しくは、「三脚と言えばVelbon(ベルボン) EX-440」を参照ください。これで十分です。

20140715r39

リモートコード

花火撮影では必須です。花火撮影に限っては、代替え手段はありません。くれぐれも忘れないように。詳しくは、「三脚と一緒に絶対に買うべき!リモートコード MC-DC2」を参照ください。

私は既に持っていますが、さらに職場の方向けにAmazonで購入。2015年8月5日買って1週間ほどで到着。価格も2,454円と安い!

201408469

本番前に設定しよう

電子化しましたので、スマホで見れます。詳しくは、「難しいと思っていませんか!花火撮影のコツ Nikon D5300」を参照ください。

神本

花火の撮影だけなら、上記URLで十分ですが、他の知識も習得したいなら読んでおきましょう。

何冊も買いましたが、この本が一番!キャノン EOS Kiss X7iとD5300の両方の操作が詳しく丁寧にかかれています。

まとめ:わずか5万2千円台から始まる花火撮影

私は、D5300で撮影しましたが、D3300でも同等※の写真が撮影できます。楽天なら4万円後半で買えるため全部揃えても、5万円前半です。
アマゾンより抜粋。実際にもそうだと思う

カメラ本体:D3300 46,600円 楽天
三脚:ベルボン EX-440 2,527円 Amazon
リモートコード:2,454円 Amazon直販
合計:51,581円

※2015年8月17日調べ

こんな綺麗な写真が簡単に撮影出来て凄いです。

20150811r54

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:3 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加