プロ仕様の刃研ぎグラインダーを利用する

昨日は、手軽にできる斧研ぎ用のシャープナーを紹介しました。

今回は、プロ仕様の刃研ぎ用のグラインダーを紹介しましょう。

草刈機のチップソーや鎌の刃研ぎに最適です。

20151015r35

そもそもグラインダーとは

グラインダーGrinderとは、以下の意味があるそうです。

  • ひく[する,とぐ,磨く]人,とぎ師.
  • 粉砕機,研摩機,砥石(といし)

今回の場合は、研磨する機械ということですね。

グラインダーには種類がある

今回は、刃研ぎ用グライダーを利用しました。磨く場合は、別の装置を購入します。

刃研ぎ用グラインダーは、低速回転のものを利用します。

20151015r37

草刈機のチップソーの場合は、別途購入する

取り付け方

購入したばかりだとディスクがついていません。自分でつけます。

20151015r38

クランプナットをはずします。スパナをセットし、空まわりをしなようにします。

20151015r39

そしてカニ目スパナでまわします。

20151015r40

黒いわっかであるクランプナットだけをはずし、ディスクを置きます。まだグラグラで中心すら定まらないけど大丈夫。

20151015r41

クランプナットを取り付けます。少しまわすと、ディスクの中心がぴったりとなります。

あと、カニスパナで回すだけ

20151015r42

使用中の注意点

電源を入れる前に手袋と保護眼鏡をすること

保護眼鏡は、「タジマ ハードグラスHG-3」シリーズがオススメです。

Youtubeでイメージをつかもう

実際の使用方法は、Youtubeがオススメです。

動画でマスターしましょう。

草刈機

まとめ:草刈機まで刃研ぎする場合に

研ぐ回数が少なければ、従来の砥石で十分です。
頻繁あるいは大量にこなす場合は、電動のものを利用しましょう。

草刈機の刃研ぎは難しそうですね(^^;)>

デバック用: FB:0 TW:0 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 0  このエントリーをはてなブックマークに追加